不動産登記

 不動産に関する権利委は当事者間で契約を結ぶだけでは完全でなく、取得した権利を登記することにより、世の中の誰に対しても権利を主張することができます。
 例えば、家を新築したりマンションを購入したりした際にその旨を登記記録に記録して社会に公示することで、取引の安全を図ります。

不動産登記司法書士の中心的業務

 不動産登記司法書士の中心的業務です。
 大切な財産である土地や建物の売買、相続など様々な権利変動について、司法書士は登記の専門家として手続きを代理しています。
 大切な財産をトラブルから未然に防ぎ、そして守る。司法書士の重要な仕事の1つです。
 近年全ての登記所のオンライン指定より、司法書士の登記実務は大きく変貌し、必ずしも法務局の近くで開業しなくても街中で開業が可能となりました。