供託実務

 家主さんが家賃の値上げを要求して、従来の家賃を受け取ってくれないような時、借主は家賃を法務局などに供託することによって、とりあえずは債務を免れることができます。
 このような供託に関する手続きを代理することも司法書士の業務とされています。