公務員試験の学校

 公務員試験を効率的に勉強するには、公務員試験に力を入れている学校に通うことが確実です。
 当サイトの公務員試験の学校(受験予備校・専門学校)おすすめランキングをご紹介します。

  1. 資格の学校TAC
     TACは合格することを最優先としているのでテキストの内容も勉強方法も無駄のない内容となっています。合格した人たちは講師に感謝している人が多くいます。
  2. 資格の大原
     資格の大原も通学コースが大変人気です。
    講座がとても豊富で教室に通学するだけでなく、映像通学コースなども用意されています。
     近くに教室がない方にも色々な種類からコースを選ぶことができます。
    ライバルが多く試験の難易度も高い公務員試験ですが一発合格を狙うにはTACや大原がおすすめです。
  3. 大栄教育システム
     大栄教育システムも全国に開講している数が多い人気校です。
  4. LEC東京リーガルマインド
     LEC東京リーガルマインドも老舗の学校です。独自の分析して開発したオリジナルの教材を使用して決して安くはない金額ですが、どのスクールよりも演習問題等によるアウトプットに重視しているスクールだと言われています。
     どれほど知識を詰め込んでもそれが本番の試験でアウトプットすることができなければ合格することはできません。そのため、そこに力を入れている学校となっています。

人気の学校がおすすめの理由

 人気の理由を豪語するだけではありません。大手の受験予備校はテキストは練りに練られたもので、ここを勉強するとしないでこれから先にどのような影響が生じるのかなどといった豆知識まで丁寧に教えてもらうことができます。

 挫折を防ぐために科目別に問題集を設けてありますし、ポイントチェックでは過去問よりも難易度を下げてあり、そこから始めることができます。
応用力を身に着けるために実際の過去問を例題にしてどこをポイントにして解いていくべきなのか、ここは間違えやすいポイントであるなどがしっかりわかる問題集もあります。

 講師はより近い距離で相談にのってもらえたり、勉強の進み具合などをしっかりと把握してもらえ、自分のやる気も継続させることができます。

公務員試験の学校の受講費用

 通学通学を開講している学校は、通信教育と通学講座の価格差はそれほどなく、割引を適用させて同じくらいになるように費用を設定しています。
 また、通学コースの場合は、WEB通信でフォローできる学校が多く、時々通えない程度であれば通学コースの方が通信も兼ねていると言えるでしょう。

公務員試験の学校の受講費用を安くする方法

 公務員試験講座を選ぶときは公務員試験講座に力を入れているかどうか、通信教育だけであるかどうか、通学と通信が可能なのかという切り口によって大きく分類することができます。

 通信教育に特化している学校とそうでない学校を比較すると、受講費用が安い傾向にあります。なぜなら、校舎や人件費がかなり抑えられているためだと思われます。

 どこを選ぶかという基準になるのは講師と教材・費用だと思われます。
 資料請求をすると無料サンプルがもらえることもあります。無料サンプルがあるときにはそれを必ず使ってみると良いです。
 色々ある資格スクールから資料を請求して教材の内容と費用を比較してみると良いです。

公務員試験講座のサポート体制

 どんな内容のサポートをしてくれるのか、受講期間はどのくらいなのか、模試や過去問の分析はしっかりできているのか、講師の質はどのようなものか、テキストの質はどのくらい優秀なものなのか、合格実績はどのくらいなのかというところを確認が必要です。

 たくさんの公務員試験のスクールがそれぞれの特徴を前面に出しています。自分が重視するところがしっかりマッチするスクールを見つけることが資格取得の第一歩と言えるのではないでしょうか。

公務員の仕事が魅力的な理由

  1. 仕事を通じて社会貢献ができる
     公務員の仕事は、人が幸せに生活するために絶対に欠かせない仕事です。「全体の奉仕者」と呼ばれることもある公務員は、社会全体を視野にとらえ平等かつ公平に行政サービスを提供することが仕事です。これにより私たちは日常を円滑に暮らせているのです。
     仕事を通じて社会貢献ができる公務員は、大きなやりがいと誇りをもって業務に従事できると多くの人が魅力を感じているようです。
  2. 自分に合った仕事を選択できる
     国家公務員は、1府12省、国会、裁判所、税務署などの国家機関に勤務し、各機関が管轄する分野のスペシャリストとして活躍します。
     地方公務員は、県庁、市役所、警察や消防など自治体組織に勤務するため、国家公務員と比べ人の暮らしにより密接にかかわる仕事が多くなります。
     いずれも組織内には様々な部署があるため、それぞれまったく異なる仕事をしていることから、自分に合った仕事の選択肢が多くあります。
  3. 国家単位の仕事に携わることができる
     国・地方の重要な舵取りの役目を担い、社会の安定や成長を支えている公務員は、時には日本全体を動かすようなスケールのとても大きな仕事に携わることもできます。
    国家公務員は、政策の立案、法令の整備、予算編成、国会への対応なども行い、国家プロジェクトに携わることもあります。
  4. 高水準で安定した収入、将来設計が可能
     業績や経済動向に大きく左右されがちな民間企業に比べ、公務員の給料(俸給)は平均年収600万円台中盤で推移しており安定しています。民間企業の平均年収が400万円前半と言われていることから高水準であると言えます。
     また、定年退職まで給料のベースアップが継続されるため、生涯年収で考えるとかなり魅力的と言えるでしょう。
  5. 安定した環境で仕事ができる
     重責を担う公務員は、その身分を強力に保障されています。社会にとって欠かすことのできない業務であるため法律による身分保障があり、短期的な業績や経済動向に左右されることなく長期的な視野に立って、じっくりと職務に当たることができます。実際、民間企業なら失業のリスクはないとは言えませんが、公務員にはそのリスクはありません。
  6. 仕事もプライベートも充実させやすい
     ワーク・ライフ・バランスが実現しやすい職場に勤めたい。と考えている人にとって理想の職場環境と言えるのが公務員です。
     民間企業以上に積極的に仕事と生活の調和に取り組んでおり、出産、育児と言った面でも、育児休暇、介護休暇など休暇制度が充実しています。
     週休二日制ですので、社会人になっても仕事も生活も趣味も大事にすることができます。
  7. 女性の活躍できる環境が整っている
     6.でお伝えしたように出産、育児に対して職場全体のバックアップが整っていることは、民間企業では決して当たり前ではありません。恵まれた環境と言って間違いありません。
     近年、政府は女性の積極的な登用を推進しています。公務員への女性の採用数が上昇傾向にあり、重要ポストへ女性を登用することも増加しています。出産、育児で職場を離れるのではなく復職し活躍する環境が整ってきています。