宅建試験分析

 近年、宅地建物取引士試験は独学での合格は極めて難しくなってきています。確実に合格を掴むためには、宅建基礎知識をしっかりと理解する必要があるといえます。
 合格基準点は毎年変動していますが、50点満点中35点、つまり7割前後の得点が必要と言われています。

宅建試験合格者データ

 近年の宅地建物取引士試験受験者の年齢構成は、20代と30代がそれぞれ約30%、それに続き40代が20%強、50代が10%強と続きます。
 また、宅地建物取引士試験合格者のうち、不動産業従事者が合格者の約30%となっており、必ずしも不動産業界だけに人気の資格とは言えないようです。
 学生、建設関係、金融関係など幅広い職種に支持されている資格です。