成年後見業務

 成年後見制度は判断能力が不十分な未成年者、認知症の方や知的障がい者、精神障がい者の意思を補完するため、本人のために法律行為の代理や同意を行い、判断能力が不十分になっても安心して生活が送れるよう支援する制度です。

司法書士の役割

 司法書士は自ら成年後見人等となるか、成年後見人等の監督を行います。
 司法書士の成年後見に対する活動は活発であり、親族等を除けば司法書士が一番多く受任しています。
 今後、さらに高齢化が進むにつれ、司法書士の役割が期待される分野です。