消費税法の特徴

商品の販売やサービスの提供などに対して課税される消費税法について学習します。

価格に上乗せされて最終的には消費者が負担する間接税で、事業者が預かった消費税を計算する科目です。

日々の取引、記帳において必ず考えておかないといけないことですので、実務においても最も重要であります。

消費税法の攻略法

試験は、理論と計算にわかれて出題されます。

消費税法の理論

理論は、個別問題も出題されますが、事例からの消費税法の取扱いを述べる説明力が近年要求されているため単なる暗記ではなく理解を伴う学習が必要です。

消費税法の計算

計算は、会社又は個人事業者の納付すべき消費税額を計算させる総合問題が出題されます。

税込処理又は税抜処理、本則課税又は簡易課税(両方出題される年あり)、事業承継に関する問題など計算方法が異なる複数の処理を理解する必要があります。


[check] 消費税法合格体験記追加
 平成27年度第65回消費税法合格体験記を記録として残しています。
TACの全国共通模試、大原の全国統一模試が見事に的中しました。
 → 税理士試験「消費税法」合格体験記

直前期の攻略法

  1. TACの直前対策講座
    消費税法(TAC直前対策講座)
  2. 資格の大原の直前対策講座