税理士試験相続税法」合格体験記

相続税法(平成28年度第66回合格)-松尾泰子様(仮名)からの投稿です。

 私が最後の5科目目に選んだのは相続税法です。
税理士を目指している人は、この最終科目を何にするかで悩むことが多いと思います。
例えば・・・

  1. 自分の勉強スタイルに合っている科目にする。(計算と理論のバランス等)
  2. 仕事に直接役立つ科目にする。
  3. 勉強内容のボリュームで選ぶ。
  4. 興味がある科目。
  5. 先生や先輩からのアドバイス。

 選択する理由はたくさんあります。
 その中で、私が相続税法にした1番の理由は仕事に役立つから、2番は単純に好きな税法だったからです。おそらく税理士を目指した時点から、税法は法人税法消費税法相続税法と決めていたように思います。

 私にとってその科目選びは吉と出ました。
「今年が最後の受験にしよう。」と自分で決めて相続税法の受験をしたところ、平成28年12月16日に官報合格することができたからです。
 自分の合格を友達から知らされるという笑えるハプニングもありましたが、あの時の安堵と歓喜は一生忘れないと思います。何より両親が喜んでくれたことが私にとって一番の幸せな出来事でした。

 学生時代に相続税法は勉強して受験したことがあったのですが、ほとんどその時の知識は残っておらず、初めての勉強で受験のような状態でした。
勉強開始から毎月のテスト、全国模試、直前の模試まで一度も合格圏内入ったことがないまま時間だけが過ぎていきました。
 仕事との両立は本当に大変で、5月の忙しい時期に退職者が出てしまったり、新規の担当先が急に増えたりと、様々なハプニングが私の受験とは関係なく起こりました。勿論、受験を理由に職場で特別扱いを受けたことはありません。
 平日は時間の確保が難しく、少しの移動時間やお昼休み、睡眠を削っての受験勉強をし、週末は学校の自習室で朝から晩まで勉強の毎日でした。
 たくさんの失敗と5回の合格を経験したからこそ分かったことを、お伝えしたいと思います。今から勉強する方や現在勉強中の方のお役に立てていただければ、これ程うれしいことはありません。

  1. 働きながら相続税法を実質1年で合格できた理由
    1. 学校の自習室が使えたこと
       家ではなかなか勉強する気になれなかったり、集中力の維持が難しかったりしましたので、仕事帰りや休みの日は学校の自習室を利用していました。
       エアコンが良く効いていて快適な勉強環境でした。
       疑問点はすぐに職員室で尋ねて解決することができ、一人で悩む時間を減らすことができます。
       TAC福岡校は休憩室やコピー機も設置されている学校だったので、とても便利でした。
  2. 学校で一緒に勉強する仲間がいたこと
     税理士試験の勉強は、最長で1年間するためモチベーション維持がとても難しいのが悩みでした。
     学校に通い仲間ができることで、メンタルが強くなり勉強が楽しくなってきます。休憩中に模試の答え合わせをしたり、お互いの税法の解釈を話したり、試験直前には予想をしあったりと切磋琢磨して成長していくことができます。
  3. 2か所の学校に通ったこと
     私の場合、最後の相続税法はTACと大原の2校に通って授業・模試・答練を受けました。この選択がかなり合格へと近づけてくれました。
     簿記論財務諸表論法人税法までは1校のみで勉強し、時間をかけて何度もチャレンジして合格しました。
     しかし、次の消費税法は3回目までは1校だけに通い、4回目に友達の進めで他校の模試や答練などを解いて挑んだ結果見事合格したのです。
     残り1科目となった時点で私は、こんなに効率のいい勉強法があったのかと気づき最後の科目である相続税法の受験で『2か所の学校に通うこと』を実行することで2年連続合格に繋がりました。
     働きながら2校に通うなんて無理。と始めは思っていましたが、忙しいからこそ少しでも早く効率よく合格したい、学校の費用を節約したい、そのための必殺技が2校同時通学です。
     30代前半は、1校だけなので時間に余裕もあり自分にも甘えが出ていたのかもしれません。2校に通うことで、自分への甘えが無くなり時間を上手に使えるようになりました。それに、答練を通常の2倍解くわけですから、実力が自分の知らない間についてきます。これだけ問題に触れているのだから、本番で自分がわからない問題が出たときは、他の受験生は解けないはずだ。という自信もありました。
     税理士試験は上位約10%が合格しますので、全員が解けないものは解けなくても合否に関係ありません。
    しかし、他の人が解ける問題が解けないと致命的です。その対策として2校に通い答練・模試・授業を受けることは最適だと思います。
     結果的に、合格までの時間短縮と、費用の削減になったと思いますので、本気で合格を目指している方におすすめの勉強法です。
  4. 最後の試験にすると決断したこと
     私はもともと意思が強い方ではないため、すぐに楽な方に流されてしまう性格です。そんな自分を知っていたので、相続税法の勉強を始めるときに、この試験を最後の試験にする。と自分で決めました。
     カレンダーやスケジュール帳、スマフォの予定表全てのものに、試験日欄に最後の試験日。と記入しました。
     視覚から、この日が最後の試験日になるのだよ。と自分に教え込んだのです。
    そうすることで、これで終わりだから頑張ろうと、いつもの怠け心が顔を出すことなく試験日まで走りぬくことができました。

 この4つだけで私は税理士になれました。

相続税法の勉強(計算編)

 日々の授業やテストに全くついていけてなかった私は、7月上旬ごろまで合格圏内に入ったことはありません。
 でも1月で合格圏内に入るためには、効率よく勉強しないといけないということで2校の模試・答練・直前答練・全国模試をそれぞれ満点になるまで解きました。
 たくさんの問題に触れるので自分が得意とする項目と、苦手な項目がすぐに分かってきます。何度解いても間違えてしまうものについては解説を読み、教科書に戻って理解を深めていきました。
 また、2校の問題の出し方や言い回しは微妙に違ったりもしますので、どんな問われ方をするかわからない本試験の予行練習には良かったのかもしれません。

相続税法の勉強(理論編)

 7月上旬までに完璧に書ける基礎理論は5題もありませんでした。そこで計算と同じで、模試・答練に出題された理論を中心に勉強していきました。
 1月で理論を丸暗記するのは難しいと思い、模試・答練に出てきたものだけまずは暗記する作戦でした。それでも2校分なので結果かなりのボリュームでしたが、重要な理論は何度も繰り返し出題されるので無理なく暗記できるようになりました。
 相続税法は、他の税法に比べ登場人物が人なので想像しやすく、理論も覚えやすいように思います。
 
 最後の1週間で、私は合格圏内に滑り込んだのではないかと思います。試験も同じです。最後の1秒までペンを止めなかった人が、12月に最高のご褒美を受け取ることができるのでしょう。