経理の資格

 経理の仕事をする場合には、簿記の資格があったほうがいいのかといえば、資格があったほうが採用はされやすくなります。
 しかし、必ずしも資格がなければ採用をされないかといえばそうでもありません。
 資格がない人だとしても、未経験でも可とされている求人であれば、採用されることもありますので、応募をしてみることはできるでしょう。

 将来的に経理事務の仕事をしたいということなのであれば、資格を取っておいても損はないものといえます。
 そして経理は専門性の高い仕事でもありますので、経理の仕事をしながら資格取得を目指しやすくもなるでしょう。

経理とは

 経理の仕事には、日常業務や月次業務、年次業務などがあります。
 日常業務としては、現金の出納管理や従業員の立て替え経費精算、伝票の起票整理、売り上げの集計など多数の仕事内容があります。

経理の経験がない場合

 事務の仕事の経験はあったとしても、経理の仕事は今までしたことがないという人の場合、求人を見つけても働くことが出来ないのでしょうか。

 経験がない場合には、どのような仕事内容なのかを知ってから応募した方がいいでしょう。
 全く仕事内容もわからない状態で応募をして採用をされたとしても、向かない仕事だと思うようでは、苦痛を感じながら働くようになるか、もしくは途中で辞めることになってしまいます。
 長く仕事を続けるためにも、どんな仕事をするのかの認識は必要です。

経理の仕事内容

 経理の仕事をしていくうえで大事なこととして、数字を見るのが嫌ではない人というのが向いている人といえます。
 小さなころから数字を見るのが嫌で仕方なかったという人は、経理の仕事には向いていません。

 経理事務というのは、毎日数字で直面して働かなくてはなりませんので、数字を見るだけで嫌な気持ちになる人の場合、仕事にならないでしょう。
 数字を見たときに、すぐに間違いに気づくことが出来るのが理想的ですが、数字を見るのが苦手な人は、気づきにくい傾向にあります。
 この部分に関しては、仕事をこなしていけばいくほど慣れてくるようにはなりますが、それまでに挫折するようなことになってもいけませんので、長く続けられる人が働くようにしたほうがいいでしょう。

 一日を通して正確な仕事が必要になりますので、いい加減な気持ち出来る仕事ではありません。
 お金に関することになりますので、一桁間違えても大変ですし、小さなミスが大きな仕事を失うことにつながってもおいけませんので、正確な仕事をしていかなくてはならないでしょう。

経理の重要性

 経理の仕事の一つはお金を管理することです。したがって、たとえ一円であっても誤差を生じさせることはできません。

 特に企業の資金繰りに関して少しでも計算を誤ると、債権の不渡りや銀行取引の停止など、企業経営を左右するほどの影響を与える可能性があります。
 そのため、一つ一つの仕事を慎重にこなす必要がありますが、一方で従業員の報酬や企業の業績に関する資料や情報は早め早めに報告する必要もあるので、スピードと慎重さを両立させなければならないという点は、腕の見せ所になるでしょう。

経理の求人

 どの企業にも必ず存在するのが経理部であり、逆に存在しないと様々な面において困るどころか、経営が上手く回らないことがほとんどです。

 経理はなくてはならない存在なので求人の数も多く、毎年多くの企業において募集がなされています。
 そこで、経理の仕事内容ややりがい、なるための条件やスキルなどの基礎的な内容を知ることにより、就職や転職に役立たせましょう。

経理の就職・転職

 経理に就職・転職する際にはっきりとした条件やスキルは特になく、初心者や未経験者であってもなることはできます。
 ただし、中小企業以上の規模で、取り扱う金額や従業員の数が大きい場合には、慣れるまで苦労するでしょう。

経理の就職・転職に有利な資格

 一般的には簿記の知識があると望ましく、特に中小企業の内容を取り扱う日商簿記検定2級程度を保有しておくと効果的です。
 また、上場企業など規模の大きな企業では社労士や関試験である税理士・公認会計士の資格があると優遇されます。

 求人にも簿記の知識が必須である場合も少なくはなく、しかも簿記の知識はビジネスマンとして大切な知識ばかりなので、積極的に勉強しておきましょう。
 また、最近ではエクセルを使った仕事内容が増えてきているので、パソコンを扱えるようにしておくことも重要です。
 その上で、エクセルなどを使った表計算や、数字の管理などの知識を身に付けておきましょう。

経理の就職・転職に有利な知識

 それと同時に、企業で広く採用されている会計ソフトを扱えるようにしておくとなお良いです。
 ただ、会計ソフトは一般で使うことはほとんどなく、馴染みも薄いため、これに関しては企業へ就職してからでも遅くはないです。
 したがって、最低でも簿記2級の知識や、エクセルやワードといったパソコンの基礎知識程度は身に付けておきましょう。

経理事務の向き・不向き

 経理事務の仕事をしていくためには、向きや不向きがあります。

 仕事をしていくうえで大事なこととして、数字を見るのが嫌ではない人というのが向いている人といえます。
 小さなころから数字を見るのが嫌で仕方なかったという人は、経理の仕事には向いていません。

 経理の仕事に向いている人は、まじめで細かいことにも気が配れる人が向いているといえるでしょう。
 仕事をしていくうえではミスは許されませんので、かなり細かいチェックを入れていくようになります。
あまり細かいことを言っていると、他の従業員から嫌な顔をされることもあるかもしれ ませんが、嫌な顔をされるからといってごまかしをすることもできません。
 正確に仕事をしていくうえでは、細かいと思われても仕方ありませんので、仕事に対する気持ちは曲げないようにしましょう。

 経理事務というのは、毎日数字で直面して働かなくてはなりませんので、数字を見るだけで嫌な気持ちになる人の場合、仕事にならないでしょう。
 数字を見たときに、すぐに間違いに気づくことが出来るのが理想的ですが、数字を見るのが苦手な人は、気づきにくい傾向にあります。
 この部分に関しては、仕事をこなしていけばいくほど慣れてくるようにはなりますが、それまでに挫折するようなことになってもいけませんので、長く続けられる人が働くようにしたほうがいいでしょう。
 一日を通して正確な仕事が必要になりますので、いい加減な気持ち出来る仕事ではありません。
 お金に関することになりますので、一桁間違えても大変ですし、小さなミスが大きな仕事を失うことにつながってもおいけませんので、正確な仕事をしていかなくてはならないでしょう。

経理事務のやりがい

 経理事務として働くことによって感じられるやりがいは、経営に近いところで働くことが出来るという点があります。
 仕事をするうえでは、自分に向いている仕事でやりがいのある仕事をするようにしたほうが、働きやすくなります。
 不向きな仕事でやりがいもなければやる気は起きてきませんので、ミスをしやすくなってくることもあります。
 ミスをすることなく、必要な時間までに仕事をやり終えることが出来れば、達成感も感じやすくなりますので、求人を見つけたのであれば、挑戦をしてみるといいでしょう。