通関士とは?

 通関士は独占業務を持つ、財務省が管轄している国家資格であり貿易業界唯一の国家資格でもあります。
 通関とは、輸出入の許可を出す役所である「税関」に貨物を「通す」ことを言います。貨物をにゅにゅうする場合、税関に輸入申告をし、剣さを受け、関税を正しく計算し支払った上で輸入の許可を受けなければなりません。
 このような輸出入の手続きに関する専門家が通関士であり、通関士試験に合格した人だけが、通関士となることが出来ます(*)。

 通関士試験は毎年役7,000人が受験しており、その専門性から貿易業界において高い評価を受けています。

(*)通関士として通関業務に従事するためには、勤務先の通関業者の申請に基づく税関長の確認が必要です。

通関士資格保有者の設置義務があります
 通関手続きを専門とする通関業者(国際物流、倉庫、運送、メーカー等)は、原則として営業所ごとに通関士を置くこと、および通関業者は、他人の依頼に応じて税関官署に提出する申告書等については、痛感しにその内容を審査させ、かつ、これに記名押印させなければならないということも法令で定められています。
 通関業務の中で審査という重要な役割を担当するので、原則として、どの営業所にも通関士が居なければならないというわけです。

通関士のビジネスフィールド

  1. 通関業者
     通関業者は、例えば輸入の場合、輸入を行う企業などからの依頼により、税関に輸入申告→検査→関税を正しく計算して支払→輸入という一連の業務を行っています多くの通関業者は税関のある港や空港の近くに事務所を設置してスムーズに貿易が行われるよう日々業務を行っています。 
  2. 海運・航空・倉庫・物流関連企業
     海外から日本へ商品(貨物)を輸入する際、海運会社の船舶や航空会社の飛行機を利用して運ばれます。そして、痛感(税関を通す)手続が終了した商品は、一時的に倉庫業者の倉庫で保管され、物流企業のトラックを利用して輸入元に届きます。これらの企業においては通関業務を行っていることが多いため、通関士が活躍できます。
  3. 商社
     商社は、輸出入者からの依頼等により、さまざまな貨物の輸出や輸入を行います。税関に対する輸出入申告には複雑で専門知識が必要なため、通関手続を通関業者に依頼することが一般的です。商社の担当者として通関に関する性格な知識を持っていると、国内の依頼者に対して的確な説明ができ、通関業者に対しても迅速で性格な依頼ができる、というメリットがあります。例えば食品を輸入する場合、単に輸入申告して許可を受ければよいわけではなく、食品衛生法という法令をクリアしなければなりませんので手続に時間を要します。そのことを国内の依頼者に説明しておけばトラブルが防げます。また通関業者に対してどういう書類を提出すればよいかをわかっていれば手続をスピーディーに進めることが出来ます。
  4. メーカー
     メーカーは、自社の製品を製造するための原材料を海外から輸入し、できあがった製品を海外へ輸出しています。また、海外の自社工場で生産した部品を輸入することも多くあります。
    メーカーにおいて、税関に対する輸出入申告については複雑な専門知識が必要なため、通関手続きを通関業者に依頼することが一般的です。その際、通関士の知識があれば、商社の場合と同じように、国内の依頼者への対応や通関業者への依頼をスムーズに進めることが出来ます。
  5. その他の貿易関連・個人輸入を行う
     上記の企業以外にも、様々な形で海外から貨物を輸入している貿易関連企業もあります。また、最近ではインターネットを活用した個人輸入を営む人も多くいます。こういったケースにおいても通関士の知識を活かすことが可能です。

(*)商社、メーカーの中には、自社のグループ内に自ら通関業務を行う部門(通関業者)を設立している会社もあります。通関士の資格を持っていれば、「通関業者」と同じく、通関士として申告書作成業務等を任されるケースもあります。

通関士試験ガイド

  1. 受験資格
    どなたでも受験できます
  2. 申込期間
    例年7月下旬~8月上旬
    書面での願書提出、または願書を税関手続き申請システムを利用し提出
  3. 試験日
    例年10月第1又は第2日曜日
  4. 受験場所
    北海道・新潟県・宮城県・東京都・神奈川県・静岡県
    愛知県・大阪府・兵庫県・広島県・福岡県・熊本県・沖縄県
  5. 試験時間
    9:30~15:30(4時間10分)
  6. 試験方式
    マークシート方式
  7. 試験科目
    ・通関業法
    ・関税法等
    ・通関実務
  8. 採点
    各科目ごとの合格基準値の獲得
  9. 合格発表
    例年11月下旬~12月上旬

通関士試験科目

  1. 通関業法
     通関業務(例えば、依頼者に代わってする輸入申告)を行う場合の「業界のルール」を定めた法律です。依頼者の利益の保護という観点から学習していけば、容易に理解することが出来ます。
  2. 関税法等
     関税法を中心としていくつかの科目が出題されます。関税法は、輸出入等に際しての「カネ(関税)」と「モノ(検査等の手続)」を規制する法律です。
  3. 通関実務
     「関税法等」で学習する知識の範囲から、様々な形式で出題されます。「申告書」は、与えられる資料から輸出入申告書を完成させる形式です。「計算式」では、輸入貨物の価格や関税額等を求めます。「貨物の分類」では、「ある貨物が○○類に含まれるか」といったことが問われます。

通関士の学校の口コミ

  • 教材は図が多く、イメージしやすい工夫がしてあります!
     平日は大学に通い、土曜日の講義に出席していました。7月までは、通学時間にノートを見直すくらいしかしていませんでした。通関士試験は10月上旬にあるので大学の夏休み期間中に集中して勉強することができました。講義はとても分かりやすく、痒いところに手が届く教え方でした。疑問点は講義後に質問ができたので、必ずその日のうちに問題を解決することができました。学習方法のほか、通関士の仕事や就職についても親身に相談にのってくださり、教材も使いやすくて良かったです。どの科目もテキストがコンパクトですが、要点がぎゅっと詰まっていて無駄なところがありませんでした。特に条文のポイント、本試験にでるところだけをピックアップしてあります。図も多く使用されており、状況をイメージしやすい工夫がしてありました。直前答練や全国公開模試の活用をして自分が合格のボーダーのはるか下にいることがわかりましたので、受講が終わった答練は何度も解き直しをしました。
  • 答練で合格点を取ることができていたので、自信を持って本試験に臨むことができました!
     1年目は同僚から受け取った教科書を使い独学で受けましたが不合格でした。独学では通関実務の科目の合格点を撮るのでは難しいのではと思い利用することに決めました。
     仕事と通関士の試験勉強の両立はモチベーションを下げないことが大事だと思っていたので、疲れたときはやりすぎず、休憩するようにしていました。教室での講義は仕事帰りの型もいたので、じかんがないのは自分だけではないという意識がモテて良かったと思います。
     TACを選んでよかった点は、講義は分かりやすく、独学ではあいまいだった点をしっかりと理解することができました。仕事で疲れているときは集中力が低くなり、聞き逃してしまうこともあったので、そういうときに巻き戻しが出来るてんはとても良かったです。また、私は音声ダウンロードフォローもよく利用していたので、何度も聞くことで理解が深まりました。実務と答練の講義は教室で受けることが出来、一生懸命勉強している他の受講生に負けたくないという気持ちが持てました。何より質問に行っても快く答えてくださった講師にはとても感謝しています。講師に励まされた部分もとても大きく、分からない部分をそのままにしなかった点が合格につながったと思います。通関実務は合格点が取れるまで不安もあるかと思いますが、何度お繰り返し説くことで少しずつ点数が上がってくるかと思います。TACには親身になってくださる講師もスタッフの方もいますので、大変だとは思いますが、頑張ってください。
  • 受けるからには絶対に一回で合格したいと思いました!
     働きながらの受験勉強なので、その道のプロから丁寧に効率よく学ぼうと思ったため受験指導予備校を利用しようと思いました。私は土曜日クラスを受講し、最初の頃は週末のみ勉強しました。最後の2か月間は自分に追い込みをかけて、カフェや図書館も利用して毎日勉強しました。短期集中したのが良かったです。TACの教材は試験の蛍光がよく分析されているので、TACの教材のみで合格できました。貨物分類が最初は全然覚えられませんでしたが、申告書を解いたら貨物分類暗記ノートをチェックするという作業を繰り返していたら記憶にのこりました。
  • 大事なのは基本的な知識です!
     独学には限界があると感じたので、専門知識がある方に教えていただくことが効率的であり、定期的に通学し、他の受験生と学ぶことでモチベーションを落とさずに続けることが出来ると思ったからTACを選びました。
    直前期までは、仕事が終わった後に勉強する余裕がなかったため、朝に弁業する習慣をつけました。疲れているときは、あえて詰め込みせず次の日にまわし、メリハリを大切にしました。輸出入申告書は何回やっても慣れず、本試験当日ももちろん苦労しました。常に新しい問題に対応しなければならないので、応用力が問われますが、基本知識の定着の積み重ねが大切だと感じました。答練や全国公開模試を利用することにより、タイムマネジメントの習得と自分の弱点把握に役立ちました。また、オプション講座も受講しましたが、直前に基本知識の再確認が出来ますので利用をお勧めしたいと思います。
    大事なのは基本的な知識だと思います。コツコツ土台を作っておくと応用問題の壁に立ち向かえると思います。

資格の学校TAC

【資格のTAC学習メディア】

<通学メディア>

  • 教室講座
     決められたスケジュール通りにTAC各校の教室で講義を受講していただくのが教室講座です。同じ目標を持った受講生同士で切磋琢磨できると同時に、講師から最新情報や合格の秘訣を直接吸収することが出来ます。
    • <メリット>
      • 1.決められたスケジュールに従い講義に出席することにより学習ペースがつかめ、計画的に学習できます。
      • 2.欠席された場合のフォロー制度も充実しています。
      • 3.講師に直接質問できるので、講義や次週での疑問点をその場で解決できます。
      • 4.講義に出席している受験生の雰囲気を肌で感じ、モチベーションを持続できます。
  • 個別DVD
     ご自身のスケジュールにあわせてご都合の良い日¥時間を設定し、TAC各校のDVDブースで講義を収録したDVDをご覧いただく通学タイプの講座です。「教室で受講したいが決まった時間に出席できない」という方にオススメです
    • <メリット>
      • 1.開校日も受講日もスケジュールを自分の都合にあわせて決定できます。
      • 2.講義録(板書)付きなので、ノートに写す手間がなく、集中して講義を聴くことが出来ます。
      • 3.教室講座開講公社ではお申込みコースに含まれる答練を教室で受講できます。
      • 4.校舎間で自由に振り替えてご受講できます。
  • 通学+Web講座(教室or個別DVD)
     教室講義または個別DVD講座を受講しながら、されにWebでも講義が受講できる通学+通信の受講形態です。復習やフォローなどWebの活用法は様々です。学習効果アップを狙う方にオススメの、通学と通信のいいとこどりの講座です
    • <メリット>
      • 1.教室講座又は個別DVD講座をメインにして、Web講義で欠席フォローや復習が出来ます。
      • 2.Web講義は受講期間中なら何度でも受講できます。
      • 3.Web学習を活用することで、ご自身のスケジュールに従ってフレキシブルにご受講いただけます。
      • 4.答練器に基本講義を再確認できます。

<通信メディア>

  • DVD通信講座
     教室講座の講義を収録したDVDをお届けするのがDVD通信講座です。繰り返し受講をしたい方にはぴったりにメディアです。もちろん教室講座と同じ教材を使用します。講義録も付いているので安心です。
    • <メリット>
      • 1.教材送付日程に合わせ学習することで、独学ではつかみにくい学習のペースをつかむことができます。
      • 2.自宅で学習できるので、ご都合にあわせて学習のスケジュールを立てることが出来ます。
      • 3.学習上の疑問点等は質問カードにより解決できます。
      • 4.講義を繰り返し受講することができ、苦手な論点などの反復学習が可能です。
  • Web通信講座
     教室講義の映像を、インターネットを使って配信。ブロードバンド環境とパソコンがあれば、配信i行こういつでも講義を受講できます。週1~2回のペースでコンスタントに配信が開始されるため、教室講座のような感覚で受講できます。
    • <メリット>
      • 1.いつでも好きな時間に何度でも繰り返し受講できます。
      • 2.講義録をダウンロードできるので、ノートに写す手間が省け講義に集中できます。
      • 3.コンスタントな配信スケジュールで、教室講座のように計画的な学習が可能です。
      • 4.パソコンだけではなく、スマートフォンやタブレット端末等で外出先でも受講できます。

コース紹介

  1. 総合本科生S(全57回)
     ムリなく合格が目指せるコース
  2. 総合本科生(全53回)
     合格へのスタンダードコース
  3. 上級本科生S(全45回)
     学習経験者で復習を兼ねて基礎からしっかりと確認をしたい方にオススメコース
  4. 上級本科生(全33回)
     各科目の弱点を見つけ出し確実に合格を手にする
  5. 短期合格講座(全37回)
     短期間で効率よく合格を目指す!
  6. 通関実務Wパック(全25回)
     通関実務の分野での得点力アップ
  7. 通関実務応用パック(全12回)
     本試験4回分に相当する問題演習で実践力養成
  8. 答練パック(全10回)
     免除科目(通関実務)のあるかた必見!カリキュラムを省略!受講料も割安に!

TACが選ばれる理由

  1. 優秀な講師陣
     TACの頼れる講師陣は「皆様の合格」を第一に考え、通関士試験を分析し、重要ポイントに的を絞った講義を行います。
  2. TAC流 合格メソッド
    1. 基礎知識をゼロから伝授!
    2. 貨物分類を早期対策で攻略!
    3. 通関実務の徹底的な対策!
    4. 最新の法律改正をフォロー!
    5. 豊富な問題演習で実力UP!
  3. 戦略的カリキュラム
     必要なことを効果的な順番で提供し、知識を基礎から積み重ね自然に力が付きます。
  4. オリジナルテキスト
     出題傾向を徹底的に分析して合格に必要な要素をまとめた教材は、「わかりやすいこと」「みやすいこと」を重視して作成しています。
  5. 選べる学習メディア
     TACでは無理なく学習を続けていただける学習メディアを用意しております。ライフスタイルにあわせてお選びいただけます。
  6. 安心のフォロー制度
     「クラス振替出席フォロー」「校舎間自由視聴制度」「質問メール」など学習を効果的に進めるための様々なフォロー制度をご用意しています。
  7. レベル別で選べる豊富なコース
     初学者の為の入門コース、受験経験者のための上級コースなど、学ぶ方のレベルに合わせた様々なコースを設定しています。