税理士

新型コロナウイルスによる税理士試験の日程等への影響

新型コロナウイルスの影響による緊急事態宣言を受け、令和2年(2020年)4~6月頃実施予定の各種国家試験・民間試験が延期されることとなりました。
その後、緊急事態宣言の解除により延期後の日程が発表されました。概ね8月以降に延期されています。

しかし、税理士試験は、当初よりオリンピック開催の為2020年8月18日~20日と例年より遅い試験日程となっていました。
そのため、試験日程への影響はありませんでした。

しかし、次の点が変更になっています。

税理士試験の受験表

令和2年度(第70回)税理士試験の受験表は、令和2年6月5日(金)以降順次郵送となっていましたが、7月中旬以降郵送に変更になっています。
その後、試験会場の追加入札が行われていますので、試験会場が密にならないように試験会場を増やすためだと思われます。

税理士試験の試験会場

令和2年7月7日官報により、正式に税理士試験の試験会場変更(追加)の発表となりました。

群馬県や埼玉県が追加になり、大阪は試験会場数が増加しています。

税理士試験の試験日程

税理士試験は、当初よりオリンピック開催の為2020年18日~20日と例年より遅い試験日程となっていました。
当初の予定通り、2020年8月18日~20日の3日間の開催となります。

税理士試験当日の注意点を公表

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、税理士試験当日の注意点が令和2年7月16日国税庁より発表になりました。
試験中のマスク着用や体調不良の場合の受験不可など例年と異なる注意事項となっています。
詳細は、国税庁ホームページをご覧ください。

税理士試験当日の主な注意点(抜粋)

〇試験当日の朝、各自必ず検温を実施した上で、自身の健康状態を確認すること

〇次に該当する方は、受験不可(再試験なし)
・感染症に罹患し、治癒していない方
・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、37.5 度以上の発熱や咳等の風邪症状のいずれかがある方
・感染症感染者(疑いのある場合も含む。)と接触があり、医師又は保健所等の指示により試験日時点で自宅待機となっている方
・過去 14 日以内に政府から入国制限・入国後の観察期間が必要と発表されている国・地域等への渡航歴がある方
・試験会場において、サーモグラフィー等による計測を行い37.5度以上の発熱が認められた方

〇試験当日、試験会場内において咳を繰り返すなどの症状が見られる方には、受験を拒否又は停止することがある

〇マスクの着用、アルコール消毒・手洗いの実施(マスクを着用していない場合は入場不可)

その他の国家試験

令和2年度(2020年度)上半期に行われる試験で、今のところ予定が決まっている主な試験は次の通りです。

延期になった国家試験

試験日程が4~6月の試験が延期になっています。
延期後の日程等は次のリンクに記載しています。
司法試験
公認会計士試験
司法書士試験

予定通り実施される国家試験等

試験日程が元々7月以降のものは予定通りの日程となっています。
税理士試験
社会保険労務士試験
中小企業診断士試験

-税理士
-

Copyright© 資格試験の比較情報-おすすめの学校・通信の人気ランキング , 2020 All Rights Reserved.