公認会計士 税理士 簿記

会計ソフト

会計とは

会計とは、会社であっても、個人事業主であってもなくてはならない業務のひとつとなります。
税金を納めるためにどれだけに売上があり、どれだけの経費があるのかということをはっきりさせなければなりません。
また、経営分析をするためにも日頃の取引を正確に記録しておくことが大切です。

会計の重要性

会計業務は直接会社の利益につながるものではなく、それをしたからといって売上につながるものではありませんからどうしても重要性が低く見られがちになってしまいます。
しかし、会計業務自体が利益を生み出さないものだからこそ効率よく正確に行うことが重要なこととなり、余計な手間ひまをかけてしまうとその間にできた本来の業務に差し障りが出てしまうことになりますから、会計業務をどのようにして効率化をするのかというのは企業にとって重要な課題となってきます。

会計ソフトがおすすめの理由

専用の会計ソフトを使用することがおすすめです。会計に特化したソフトを使うことで会計業務を効率化することができます。

今の時代に会計業務を手作業で行っているという企業は少ないことでしょうが、専用のソフトではなく表計算ソフトなどを用いて行っているということは珍しくありません。

規模が小さければそれで事足りるということもありますし、知識のある経理がいるのであれば柔軟性の高い表計算ソフトを使用した方が作業が捗るということもあります。

実際に表計算ソフトを使用した方が効率がいいというのであれば、それを変える必要はありませんが問題は単純に専用のソフトに経費をかけるのが勿体無いからと、流用できる表計算ソフトを使用しているというケースです。
この場合、見かけ上の経費は削減をすることができたとしても効率の悪い作業となってしまい、結果的にマイナスになっているということは少なくありません。

また、特定の個人だけがわかるやり方というのは保守の面でも問題があり、その人がいなくなってしまったという場合に引き継ぎが大変だというデメリットがあります。
個人事業主等の場合には、誰かに引き継ぐということもないのであまり影響がない場合もありますが、企業の場合にはいつ従業員がいなくなるのかわからないだけに、その人しか理解をできないやり方はリスク管理の面からもあまり好ましいものではありません。

経理の知識が不足している場合

専用の会計ソフトであれば使い方というのは決まっているものであり、決められたルールのとおりに入力をしていけば会計業務が成立をするので、経理の知識が不足している場合であっても作業をすることができるという利点があります。

そのため、それまで経理をしていた人がいきなり退職をするようなことがあっても、引き継ぎをスムーズに行うことができますし、更に元々会計に特化をしたソフトであるため会計業務も効率的に行うことができます。これも会計ソフトがおすすめの理由となります

会計ソフトの比較

会計ソフトというのは無数にあり、どれを選んで良いのかわからなくなってしまうことも少なくありません。
そのため、会計ソフトに何を求めるのかということをはっきりさせた上で、個々のソフトを比較しながら選ぶことがポイントとなります。

会計ソフトの比較-①機能

会計ソフトの比較をする時に最初に挙げられるのが、機能に関する部分となります。

会計ソフトにはそれぞれ独自の機能があり、会計処理を簡単にしてくれるのでどのような機能があれば楽になるのかということを考えて選んでみるのが良いでしょう。

例えば銀行の明細やクレジットカードの情報をオンラインで取得をして、自動的に取り込んでくれるといった機能があるものを選べば、これらの情報を手入力しなくて済みます。
取引の内容によって自動的に仕訳をしてくれる機能などがあれば、会計の知識がなくても会計処理を行うことができるので、知識のある経理がいないという時に便利です。
求めるものは企業や個人によって異なってきますから、必要な機能を明確にして会計ソフトを比べると選びやすくなります。

会計ソフトの比較-②サポート体制

次にサポートの有無というのも企業や人によって必要性が変わってきますから、会計ソフトのサポートの充実度で選ぶというのもポイントになってきます。

全くサポートは不要という場合には影響の少ない部分ではありますが、不要だと思っていても他の条件が同じぐらいであればサポートが充実していたほうが良いのは言うまでもありません。
会計ソフトのサポートを重視する場合には、どのような方法でサポートをしてくれるのかということを比べる必要があり、チャット形式で対応をしてくれるのかメールでの対応なのか、電話による対応をしているのかといったところが比較のポイントとなります。

また、会計ソフトのサポートは無料なのか有料なのか有料プランの場合にはいくらぐらい掛かるのかということも、比べておきたい部分になります。

会計ソフトの比較-③費用

会計ソフトの費用も無視をすることができないものであり、支出は少しでも減らしたいところですから費用を比べるというのも忘れてはなりません。

会計ソフトの費用と言っても

  • 月額制
  • 年額制
  • 買い切り
    といったものがあり、ランニングコストをしっかりと比べることが大切です。

会計ソフトの費用で比べるときにはできるだけ条件を同じにして、年間でいくらかかるかあるいはひと月あたりいくらになるかということを考えると比べやすくなります。

会計ソフトの比較-④ユーザー数・知名度

会計ソフトのユーザーの数が多いというのも意外に重要なポイントとなり、同じような機能、価格でどちらにしようか迷ったときには利用者数が多い方を選んだほうが有利です。

理由はいくつかありますが、ひとつは会計ソフトの使い方で迷うようなことがあったときにも利用者数が多ければすぐに情報を調べることができ対処をしやすいというものがあります。
業務の引き継ぎをしやすいという利点もあり、多くの人が使っているものであれば経理をしている人が退職をするなどしていなくなってしまう場合にも同じソフトの使用経験者を募集すれば引き継ぎをスムーズに行うことができるので、ユーザーの数というのは見落としがちですが、しっかりと抑えておきたいポイントになります。

また、会計ソフトの利用者数が少ない場合にはその会計ソフト提供している企業の収益が少ないということになりますから、サービスの提供やサポートが打ち切られてしまう可能性が高くなるので、そのような面でもユーザーの数は多いほうが安心感があるといえるでしょう。

他の要素を無視して重視するほどのものではありませんが、あまりに使っている人が少ない会計ソフトは何かあったときの対処が難しくなってしまう恐れもあるので、ある程度知名度の高い会計ソフトを選ぶというのはリスク管理の面でも重要なポイントとなってきます。

経理事務の仕事の重要性

企業において、経理事務の仕事内容は重要な位置を占めてています。

経理は書類を作成したり、業績把握をしたりしなければなりません。
そのためには、経理事務処理は正確でなくてはなりません。

しかし、会社の規模にもよりますが、手作業でしてしまうと、人が手打ちでの計算などは、どうしてもミスなどが生じてしまうこともあり、一ヶ所でもミスがでてしまうと、それは、後々トラブルの原因になることもあります。

経理処理を手作業でなく、パソコンを使い、ある程度作業効率を上げている会社もあるでしょう。

経理のIT化

経理をIT化させ、計算を自動で処理することができるようになれば、計算ミスも少なくなり、経理処理においてのトラブルなどの軽減にもつながります。

また、手作業などにおいては、効率が悪いため、経理事務のための人件費などもそれなりに必要でしたが、IT化しパソコンでの処理をするようになれば、ある程度人件費の削減につながります。

効率のよい経理事務

経理事務においては、さまざまな書類、そして、財務状況なども把握しやすい状態にするためには、会計ソフトを導入したほうがさらなる効率アップをはかれることでしょう。

会計ソフトによる効率アップ

会社の規模が大きい場合には、経理事務などの事務効率がアップすることで、時間短縮、正確性、人件費削減につながります。

会計ソフトの導入 Edit

会社の業績のほかさまざまな視点から、状況を把握しやすく管理できるようになるため、経理処理に関して、効率が悪い、また、企業の業績などを把握しにくいことで悩んでいる場合には、会計ソフトの導入を検討することも大切です。

また、中小企業に限らず個人事業の場合でも、メリットとなる場合があるため、会計ソフトの導入を検討してみましょう。

会計ソフトの種類

会計ソフトの場合には、さまざまな種類がメーカーから開発され、市販されています。

そのため、各メーカーなりにさまざまな特徴を持たせたソフトが開発されており、いざ、購入を考えるとなるとどのソフトを購入していいのか、ちょっと悩んでしまう場合もあります。

会計ソフトのランキング

そんな時は会計ソフトに関してのランキングなどをチェックしてみるのもいいでしょう。

近年では、インターネットを利用したクラウド会計や従来からの会計ソフトなどさまざまな会計ソフトがあります。

会計ソフトの口コミ・評判

会計ソフト口コミ・評判などの情報も提供しています。

当サイトのランキングでは、人気の会計ソフト・おすすめの会計ソフトを紹介していますが、会計ソフトに関しての費用情報、実際に使っている方などの口コミを購入の判断のための参考にしてみることも大切です。

会社にとって、経理事務というものは、できるだけ効率化をはかるばかりでなく、しっかりと正確に事務処理ができるということが必要なのです。

会計ソフトの費用

会計ソフトによっては、高額のもの、また値段が手ごろなものもありますが、内容などに関してもそれなりに違い、特徴もあるため、どのような機能が必要なのか、また、どの程度効率化をはかれるかを、ある程度考慮しつつ、会計ソフトの購入を検討していきましょう。

会計ソフトに費用をかけることで、経理事務の仕事内容に費やす時間をある程度削減、そして人件費などもある程度削減することができれば、その費用は安く済んだことになりますので、機能を重視し、会計ソフトの費用面だけにとらわれないようにしましょう。

クラウド会計ソフトの機能

最近話題となっているクラウド会計ソフトというのは、費用も安く、今まで会計ソフトになじんでいなかった人にもとっつきやすくなりました。
会計業務に必要な情報などを自動で取り込むことができる機能などを取り備えていることで、オンラインバンキングと連携をして、収入や支出を自動的に入力ができるといった特徴があります。

人間がやることはそれをチェックすることであり、仕訳にしても会計の知識がない人であっても正確な仕訳をすることができるように作られているので判断に迷うようなところであっても自動的に会計処理を行うことができます。

内容を入力すれば後は自動的にそれに対応する帳簿が作成され、会計処理が行われるため表計算ソフトなどを使うよりもずっと効率よく処理をすることができるようになっているのです。
日頃から取引内容を会計ソフトに打ち込んでいけば、確定申告の書類なども自動で作成をすることができるため書類の作成もスムーズに行うことが可能です。

-公認会計士, 税理士, 簿記
-

Copyright© 資格試験の比較情報-おすすめの学校・通信の人気ランキング , 2019 All Rights Reserved.