【最新】資格試験情報

【2020年版】スマホ・タブレット・パソコンでオンライン受講、教室受講が選べる学校のおすすめランキング!

学校の受講料が安くなる裏ワザ check

公務員試験

公務員試験の勉強方法

公務員試験の勉強にあたって(全体像)

公務員試験の勉強にあたって、まずは公務員試験の全体像をご紹介します。

公務員試験(教養試験)

  • 一般知能分野
    ・数的処理(数的推理・判断推理・資料解釈)
    ・文章理解(現代文読解・英文読解・古文)
  • 一般知識分野
    ・社会科学(政治・経済・法律)
    ・人文科学(日本史・世界史・地理・思想)
    ・自然科学(生物・化学・地学・物理・数学)
    ・時事

公務員試験(専門試験)

  • 法律系科目
    ・憲法、民法、行政法、刑法、労働法
  • 経済系科目
    ・経済原論・財政学・経営学
  • 行政系科目
    ・政治学・行政学・国際関係・社会政策

科目の優先順位・効率的な得点

公務員試験の勉強を進める上で重要なことは「時間効率」です。出題科目が多く幅広い分野から出題されることを踏まえ、限られた時間をどこに使うかを考えた勉強が合格特典を確保するために必要とされます。
また、公務員試験は満点を取るための試験ではなく、合格ラインは教養試験・専門試験ともに6割程度と言われており、苦手で出題数の少ない科目までマスターしなくても十分合格は狙えます。
それらを前提に考えると、一般的には次のような順序で勉強を進めていくことがおすすめです。得点源となる重点科目は早めに着手でき、出題ウェイトの低い科目や短時間でも対策の立てやすい暗記系科目などは本試験までの残り時間を見ながら進めていくことで、時間効率の高い勉強が実現できると考えられます。

勉強の順序

  • 教養科目
    • 数的処理
      → → → → → → → → → →
    • 文章理解
      → → → → → → → →
    • 社会科学
      → → → → →
    • 人文科学
      → → → → →
    • 自然科学
      → → → → →
  • 専門科目
    • 憲法
      → →
    • 行政法、民法
      → → → → → →
    • 刑法、労働法
      → → →
    • 経済原論(マクロ→ミクロ)
      → → → → → → → →
    • 財政学
    • 経営学
      → →
    • 政治学、行政学、国際関係、社会学
      → → → → →

おすすめ記事

学校の受講費用が安くなる方法へリンク 1

資格の学校TACや資格の大原など大手の資格の学校の受講費用は比較的近い設定になっています。しかし、受講費用を安くする方法がいくつかありますので、ご紹介いたします! ※ キャンペーンやセット申込み等によ ...

資格試験一覧へリンク 2

資格試験の比較情報 資格試験を受験するに当たって、通学の場合も通信教育の場合も学校(受験予備校)の選定がスタートとなります。 学校を選ぶことは、テキスト・先生とも合格するまで付き合うこととなりますので ...

学校一覧へリンク 3

資格の学校一覧 資格試験のための受験予備校としておすすめの学校の一覧は次のとおりです。 各学校で開講している資格の詳細は学校名をクリックするとご覧になれます。 通信教育・独学向きの学校一覧 クレアール ...

-公務員試験
-,

© 2020 資格試験の比較|おすすめの学校・通信の人気ランキング