社会保険労務士

労働保険の保険料の徴収等に関する法律

労働保険の保険料の徴収等に関する法律

労働保険の保険料の徴収等に関する法律は社会保険労務士試験の科目の一つで、労災保険と雇用保険の保険の加入手続きや保険料の徴収手続きを一括して行うため、保険関係の成立と消滅、労働保険料の納付の手続き、労働保険事務組合等に関し必要な事項を定めた法律です。

適用対象事業

徴収法は事業を単位として適用されます。
原則として労働者を1人でも雇用する事業は強制適用となります。それに対して、加入するか否かが事業主及び労働者の意思にゆだねられているのが暫定任意適用事業です。

労働保険の保険料の徴収等に関する法律の攻略方法

過去には、保険関係の成立、労働保険料の申告・納付、保険料額の計算問題等の出題が多くみられます。

労働保険の保険料の徴収等に関する法律の出題

  • 選択式
    出題なし
  • 択一式
    6問出題されます。

-社会保険労務士
-,

Copyright© 資格試験の比較情報-おすすめの学校・通信の人気ランキング , 2019 All Rights Reserved.