社会保険労務士

厚生年金保険法

厚生年金保険法

厚生年金保険法は社会保険労務士試験の科目の一つで、民間サラリーマンやOL等を対象にした老齢・障害・脂肪についての所得保障を働いた時の給料の額に応じた年金等で行っていくことを定めた法律です。

会社員や公務員の老齢や障害、死亡についての給付を規定しており、老齢の状態となったときには、国民年金の給付の上乗せ部分として厚生年金保険から保険給付が行われるため、国民年金法とも非常につながりの深い科目です。

強制適用事業所

常時5人以上の従業員を使用して法定16業種を行う個人事業所など

任意適用事業所

厚生年金保険の適用事業所になってもならなくてもよいという事業所のことを言います。
的湯を受けるには、厚生労働大臣の認可が必要です。また、適用事業者でなくなるときも厚生労働大臣の認可が必要です。
常時5人未満の従業者をしようする個人事業所などが厚生労働大臣の認可を受けて区生年金保険の適用を受けることができます。

厚生年金保険法の攻略方法

過去には、老齢厚生年金からの出題が多くみられます。
例年、何度の高い出題が行われています。

-社会保険労務士
-,

Copyright© 資格試験の比較情報-おすすめの学校・通信の人気ランキング , 2019 All Rights Reserved.