【最新】資格試験情報

【2020年版】スマホ・タブレット・パソコンでオンライン受講、教室受講が選べる学校のおすすめランキング!

学校の受講料が安くなる裏ワザ check

予備試験

口述式試験

予備試験(口述式試験)の詳細について

法務省のホームページに詳細が記載されています。
その一部のご紹介です。

採点及び合否判定の実施方法・基準

  1. 採点方針
    法律実務基礎科目の民事及び刑事の採点は次の方針により行い,両者の間に不均衡の生じないよう配慮する

    1. その成績が一応の水準を超えていると認められる者に対しては、その成績に応じ、63点から61点までの各点
    2. その成績が一応の水準に達していると認められる者に対しては、60点(基準点)
    3. その成績が一応の水準に達していないと認められる者に対しては、59点から57点までの各点
    4. その成績が特に不良であると認められる者に対しては、その成績に応じ、56点以下
  2. 運用
    1. 60点とする割合をおおむね半数程度とし、残る半数程度に61点以上又は59点以下とすることを目安とする。
    2. 61、62点又は58、59点ばかりでなく、63点又は57点以下についても積極的に考慮する。
  3. 合否判定方法
    法律実務基礎科目の民事及び刑事の合計点をもって判定を行う。口述試験において法律実務基礎科目の民事及び刑事のいずれかを受験していない場合は、それだけで不合格とする。

問題のテーマの公表方法等

  1. 試験において、素材とされた中心的な問題(テーマ)について、別添のとおりの形式で公表する。
  2. 公表するテーマの数及びその字数については、特に制限は設けないが、テーマ内容が一目で分かるよう簡潔にまとめるものとする。

おすすめ記事

学校の受講費用が安くなる方法へリンク 1

資格の学校TACや資格の大原など大手の資格の学校の受講費用は比較的近い設定になっています。しかし、受講費用を安くする方法がいくつかありますので、ご紹介いたします! ※ キャンペーンやセット申込み等によ ...

資格試験一覧へリンク 2

資格試験の比較情報 資格試験を受験するに当たって、通学の場合も通信教育の場合も学校(受験予備校)の選定がスタートとなります。 学校を選ぶことは、テキスト・先生とも合格するまで付き合うこととなりますので ...

学校一覧へリンク 3

資格の学校一覧 資格試験のための受験予備校としておすすめの学校の一覧は次のとおりです。 各学校で開講している資格の詳細は学校名をクリックするとご覧になれます。 通信教育・独学向きの学校一覧 クレアール ...

-予備試験
-,

© 2020 資格試験の比較|おすすめの学校・通信の人気ランキング