税理士

固定資産税

固定資産税の特徴

固定資産税は、地方税法に基づき土地・宅地・事業用の償却資産に対して市町村が課税する地方税です。

固定資産税の攻略法

試験は、理論と計算にわかれて出題されます。
近年非常にボリュームが多い問題が出題されているため、精度とスピード力の両方が問われます。

固定資産税の理論・計算

計算は軽減措置など、理論は固定資産税の規定やその関連性などが出題されます。

計算は、過去問に類似した問題が多く、試験傾向が安定しているため、試験対策がしやすいといえるでしょう。しかし、その分精度とスピード力が問われます。

理論は個別理論から応用理論問題まで幅広く出題されます。
したがって、個別理論の正確な暗記を中心にすすめ、応用期及び直前期には応用理論も併せて学習が必要です。

理論・計算とも近年の本試験傾向を充分に分析し、演習・答練を通じて本試験対応力を身につけましょう。

直前期の攻略法

  1. TACの直前対策講座
  2. 資格の大原の直前対策講座

-税理士
-,

Copyright© 資格試験の比較情報-おすすめの学校・通信の人気ランキング , 2019 All Rights Reserved.