建築士

建築士

建築士の学校・予備校(専門学校)のおすすめランキング

当サイトの建築士試験対策の学校(受験予備校・専門学校)のおすすめランキング!

建築士の学校は、①通信教育・独学向きの学校 ②通学講座の学校とに大きく分かれます。それぞれ、建築士試験対策の学校(受験予備校・専門学校)の当サイトおすすめランキングを発表します。

通信教育・独学向きの学校ランキング

  1. スタディング<建築士>

ココがおすすめ

クレアール、スタディングの建築士講座は通信・WEB講座に特化することで、講座費用が低価格の設定となっております。そのため、仕事で忙しい社会人など独学で勉強する人にもおすすめです。

通学・通信の学校ランキング

  1. 資格の学校TAC<建築士>

ココがおすすめ


社会人にもおすすめの建築士試験向け朝クラス、昼クラス、夜間クラスの通学講座も開設されています。(学校・校舎によります。)

受講費用

①通信教育・独学向きの学校と②通学講座の学校のそれぞれの受講費用と、受講費用が安くなる裏技をご紹介します。ただし、価格の改定、キャンペーンやセット申込み等により変わる場合がありますので、詳細はパンフレットを入手してご確認ください。

通信教育・独学向きの学校

通学・通信の学校

裏技-受講費用が安くなる方法

資格の学校TACや大原など大手の受験予備校の受講料の定価は比較的近い設定になっています。(キャンペーンやセット申込み等により変わる場合がありますので、詳細はパンフレットを入手してご確認ください。)

受講費用が安くなる方法を、下記の別ページで解説しています。

>> 受講費用が安くなる方法の詳細

  1. 1.ハローワークからキャッシュバック?
  2. 2.クーポン請求ができる学校は?
  3. 3.株主優待券(割引券)が簡単入手?

建築士の学校の比較

建築士試験の勉強をするにあたって、学校によりコースに特色が見られます。朝・昼だけでなく社会人向けのコースでは夜間にも授業が行われています。また、教室講座や通信教育などのコースが用意されていますので、自分の生活スタイルにあったコースを比較選択しましょう。

後述の学校紹介ページにてコースの概略を参考に記載していますが、その他にも様々なコースが開講されています。また、同じ学校でも科目により選択できるコースが異なったり変更になることがありますので、最新の情報は各学校・専門学校のパンフレットが資料請求により無料で手に入りますので、ご確認をお願いします。

※ 割引クーポンや入学金免除などのキャンペーン資料は最新のパンフレットに入っています。

パンフレットの請求先一覧(無料)

下記の学校よりパンフレットが無料で請求できます。建築士学校のパンフレットが一括してお取り寄せできるように請求ページをまとめました。各ページTOPの「資料請求」からお申込み下さい。

通信教育・独学におすすめの学校

通学におすすめの学校

※パンフレットに期間限定割引情報などが掲載されていることがありますので、最新のパンフレットを入手しましょう。
(追記)パンフレットを請求した時に割引クーポン等が入っていたとの情報を多数いただきました。また、キャンペーン期間中は上記からスタディングのホームページに行き「料金・お申込み」をクリックすると、クーポンが表示されます。(期間限定)

建築士の学校の公式ホームページ

通信教育専門の学校

建築士<通信教育・独学>

ランキング1位 スタディング

スタディングの公式ホームページ スタディングは、「忙しい方こそ、もっと活躍して頂きたい」という思いから開発されました。(従来「通勤講座」で親しまれていましたが、2018年「スタディング」に名称変更されました。)

スタディングが目指しているのは、世界一「学びやすく、わかりやすく、続けやすい」学習手段になり、受験生の持っている可能性を最大限に引き出すこととされています。

通学・通信の学校

建築士<通学・通信>

ランキング1位 資格の学校TAC

資格の学校TACの公式ホームページ 資格取得を目標とする専門予備校です。各種国家試験合格を目指しており、講座としては公認会計士・建築士・日商建築士検定等の会計科目のほか、早稲田セミナーの引継ぎにより法律系科目も含め、幅広く開講されています。

2009年9月1日に、「早稲田セミナー(Wセミナー)」を事業譲受により引き継ぎ、各都市の中心部に拠点校を置いており校舎数も資格の学校としては最大規模となっています。

建築士とは

 建築士とは、建築士の資格を取得し建築士名簿への登録をしてはじめて建築士としての業務が行えるようになります。
建築士は建築物の設計・工事監理のエキスパートです。1級建築士はすべての建築物の設計・工事監理をすることができる資格として、毎年45,000人程の受験者が合格を目指しています。

1級建築士とは?

1級建築士は、設計できる建築物の制限がなく、木造の小さい戸建て家屋からコンクリート構造の大型商業施設など、全ての建築物を取り扱えるのが特徴です。
その分、受験資格として2級建築士としての実務経験が求められるなど、条件面でも難易度が上がる資格です。

2級建築士とは?

2級建築士は、個人住宅程度の規模の木造・鉄筋・鉄骨の設計・工事監理を行うことができます。

「建築士」活躍のフィールド

設計事務所を開業して独立する方、ゼネコンやハウスメーカーの設計部門に勤務する方など、建築士の活躍フィールドは多岐に渡ります。

独立開業

設計事務所を開業して、独立している建築士は数多くいらっしゃいます。設計事務所を開設するためには、次の手続きが必要になります。

  1. 事務所を設ける
  2. 管理建築士を設置する
  3. 事務所登録を受ける

独立開業している建築士を側面的に支援する各種の団体として、「建築士会」「建築士事務所協会」「日本建築家協会」などがあります。このような団体に所属することにより、建築士同士の情報交換や開業後の知識の補充などができます。
また、業種的には意匠(デザイン)系の設計事務所のほか、構造や設備といった、より専門性の強い業務に特化している事務所も存在します。

ゼネコン・ハウスメーカー等への就職

大手・中小のゼネコンやハウスメーカーの設計部なども、建築士が活躍するフィールドです。比較的大規模な建築物の設計業務や、新しいパッケージ住宅の設計といった複雑な要素が含まれる仕事も少なくありません。
また、公共事業の入札に係る「経営事項審査」においては、建築士の有資格者の数がその企業の技術力の証明の1つとなっており、このような企業では社員に対する資格取得が強く奨励されています。

(注)「経営事項審査」とは?
 建設業法に基づき、公共工事の入札に参加する建設業者が受けなければならない審査。
企業規模・経営状況・技術力などの客観的事項を数値化する制度です。
 特に技術力の評点では、所属する建築士などの有資格者の数が必要となるので、
資格取得が強く奨励されています。

総合設計会社への就職

設計のプロフェッショナルとして、個々の建物の設計から、都市計画に基づく街づくりにかかわるものまで、多種多様な設計ニーズに応えているのが総合設計会社です。
このような会社では、まさに建築士の資格は仕事をするための必須条件ともいえます。また、設計のプロフェッショナルの中で働くことによって、自分自身の設計力に磨きをかけることができます。

ダブルライセンスで広がる活躍フィールド

たとえば、土地家屋調査士試験は午前の試験と午後の試験により行われていますが、1級または2級建築士の資格取得者は、午前の試験の免除を受けることができます。
また、1級建築士の取得は、社会保険労務士の受験資格としても認められています。
このように、受験資格のメリットを得られるというほか、宅地建物取引主任者や不動産鑑定士といった不動産関連資格を複数保有して、開業後の職域を拡大することが可能です。
さらに、「構造設計1級建築士」や「設備設計1級建築士」などの新資格を取得し、ステップアップすることも期待できます。

建築士試験について

1.受験資格

  • 1級建築士:大学の指定学科を履修して卒業後2年以上の実務経験を有すること。
  • 2級建築士:大学の指定学科を履修して卒業していること。

※その他の要件もありますので、受験資格は試験実施機関にお問い合わせください。

2.受験日程

  • 1級建築士
    • 1級学科試験:例年7月第4日曜日
    • 1級設計製図試験:例年10月第2日曜日
  • 2級建築士
    • 2級学科試験:例年7月第1日曜日
    • 2級設計製図試験:例年9月第2日曜日

3.試験概要

  • 1級建築士
    1級建築士の資格取得には2級建築士の資格取得と実務経験が必要となります。

    • 1級学科試験:5科目 125問 4枝択一 マークシート方式
    • 1級設計製図試験:当年度課題に基づく設計図面作成と計画の概要の記載
  • 2級建築士
    • 2級学科試験:4科目 100問 4枝択一 マークシート方式
    • 2級設計製図試験:当年度課題に基づく設計図面の作成と計画の概要の記載
      ※1級・2級共に学科試験合格者は以降2年間学科試験免除。

4.受験地区

1級・2級共に全国47都道府県の受験会場

5.実施機関

(公財)建築技術教育普及センター
※各都道府県の建築士会が実施協力。

※受験の申し込みに関するお手続きの際は、最新の試験情報をご確認ください。

6.建築士試験合格後

建築士試験に合格したら、免許の登録・申請が必要です。
受理されると免許証が交付され、建築士としての仕事ができるようになります。
交付窓口は各都道府県建築士会が担っており、申請手続きも都道府県によって異なります。 住所地の建築士会に問い合わせて確認しましょう。

2級建築士試験の合格ポイント

  1. 学科試験は、6割正解すれば合格点。
    2級建築士試験は、出題範囲が広く、設計製図試験対策も必要です。 そのため、やみくもに学習することは効果的とは言えません。 出題傾向を押さえた効率の良い勉強がポイントとなります。
  2. 1問あたり約3分半。
    学科試験は4科目で計100問が出題され、時間は計6時間です。
  3. 設計製図試験はスピード&正確性勝負!
    設計製図の試験時間は5時間ですが、これは決して余裕のある時間ではありません。
    時間内に図面が完成していることは最低条件ですが、2級建築士試験攻略には、作図のコツを正しく把握し、技術を身につける練習がポイントとなります。

独学による建築士試験の勉強方法

建築士試験は独学による勉強法では極めて難しいと言われています。
会計基準の変更や税制改正(毎年)もあり、他の資格のように過去問を押さえておけばよいというレベルではありません。
また、一部科目では市販の教材もありますが、毎年4月頃に施行された税制改正分は反映されていません。
さらに、建築士試験は数年に一度試験委員が変更となりますが、学校では試験委員の興味がある部分を補足して勉強するなどその年その年の傾向に合わせた対策がなされますが、独学では難しいと言えるでしょう。

独学の勉強方法で合格する方法

上記の通り、建築士試験は独学の勉強方法では苦戦を強いられそうですが、それでも合格する方法があります。
独学で勉強したい人におすすめなのは、大手専門学校をうまく利用することです。
独学による建築士試験の勉強を考えている人の大部分は通学時間と受講費用に問題があると思われます。
それらを解決できるのが、通信教育講座に特化した「クレアール」を利用することです。最新の試験範囲が網羅できているばかりでなく、試験勉強における重要度による強弱や勉強のペース配分などがわかります。しかも、教室や講師をたくさん抱えていない分受講費用が、かなり抑えられています。

独学におすすめのテキスト

建築士試験は市販のテキストでは対応が難しいですが、中には販売されているものもあります。新試験範囲に未対応のものが平然と売られていたりしますので、注意が必要です。(特に税制改正対応の分は通常販売されていません。)
やはり、大手の最新のテキスト類を入手することがおすすめです。

独学におすすめの答練

市販のテキストで独学で勉強している人は問題演習量が通学性に比べて低い傾向にあります。また、模擬試験などの答練を受けていないため、合格ラインにあるかどうかの判断もできません。建築士試験は合格は60点と形式上なっていますが、実際は上位10%が合格となるように点数が調整されています。
ただし、大手の学校は試験直前期の模擬試験などの答練のみを受講する方法もありますので、ぜひ検討してみましょう。周りに知らない人がいる中で本試験スタイルで受講することは試験中の緊張感を事前に体感することにもなるためおすすめです。

建築士の学校の評判・口コミ

建築士の学校に通った方の評判・口コミを一部を抜粋してご紹介します。

  • 自分のペースで学科・製図を一気に突破しました!
    仕事の関係で毎週欠かさず通学するのは難しいと思い、Webフォローや他校舎での受講など、休んだ時のフォロー制度がしっかりしている学校にしました。また、駅の近くに学校があるので自習室も使いやすいと思ったことも決めた理由です。時間があるときはできるだけ自習室に入っていたので、とても助かりました。TACは宿題が大量に出たり授業時間が長時間延長されて拘束される、といったことがないので、自分のペースで勉強出来ました。学科は試験の直前まで全教科のテキストを幅広くこなし、製図は、TACの8課題のみ何度も繰り返したことで、学科・製図と一気に突破することができました。TACを選択して本当に良かったと思っています。
  • 無料セミナーで感じたとおり、自主性を尊重してくれるスクールでした!
    インターネットなどで、建築士試験合格者の口コミなどを参考に、自主性を尊重する社会人向けの学校というイメージが自分に合っていると感じました。ほかの学校も考えたんですが、無料セミナーで説明してくれた先生がとても信頼できる方だと思い、TACに決めました。TACは教材がコンパクトで、カリキュラムが合理的に組まれていたので、とても建築士の勉強がしやすく、毎回の講義のポイントもしっかり確認できました。また、分からない点を先生に質問するとすぐに解決してくれたことも合格の決め手になったと思います。学科、製図と一気に合格することができ、お金の面でも大変助かりTACを選んで本当に良かったと思っています。
  • 学科全科目、同じ講師で集中しやすかった!
    個別DVD講座の受講でしたが、学科は計画から施工まで全科目井澤先生おひとりが講義されていたのが集中しやすく、良かったです。製図ではエスキスも作図スピードも遅く、試験が6時間30分なのに対して、10時間近くかかっていたので、作図手順の見直しや、講義DVDを視聴してからWebフォローを何度も確認したうえで、ひたすら習慣をつけるようにしました。
  • 育休中でしたが、通信で合格できました!
    育休中で昼間は時間があると思い挑戦しましたが、結局子供の世話をしつつの勉強は難しく、寝かしつけてからしか時間を確保できず、睡眠不足との戦いでした。通信の受講で4回の添削では少ないと思いましたが、十分でした。またテキストが今年用にまとめてあるので、疑問点をすぐに解決できました。課題も変な条件の物はないので、効率よく勉強するならTACがオススメです。
  • Webフォローなど、勉強しやすい環境でした。
    学科では構造と施工が苦手でしたが、TACの直前演習ゼミが本試験にとても役立ちました。製図は土曜日が講義だったので、日曜に復習できたことも大きかったです。Webフォローがあり、宿題も強制せず、追加料金も発生しないTACは、勉強しやすく、先生にも本当に感謝しています。友人の結婚式を欠席してまで勉強しましたが、そうしたモチベーションも大事ですね。
  • 教材・講師の質に感謝です!
    私は、他校で2度、独学で1度チャレンジしましたが、結局合格できず、カド番を落ちたときは非常に落ち込みました。ただ、職場の上司がいつも応援してくれていたので、心を奮い立ててTACで再チャレンジし、1回で合格することが出来ました。TACは職場の先輩等から評判を聞き、受講料もお手軽なので決めましたが、教材の質が高く、先生の講義もプロフェッショナルで本当に感謝しています。
  • TACのおかげでリーズナブルに短期間で一発合格!
    5月からの3カ月間で学科試験に合格しました。製図は寸法やレイアウト等の基本を押さえることに徹し、過ぎに描く線を常に頭に浮かべられるようになるまで何度も練習しました。リーズナブルに短期間で一発合格できたので、TACには本当に感謝しています。

 

建築士の学校の比較

最新の情報は各学校・専門学校のパンフレットが資料請求により無料で手に入りますので、ご確認をお願いします。

※ 割引クーポンや入学金免除などのキャンペーン資料は最新のパンフレットに入っています。

パンフレットの請求先一覧(無料)

下記の学校よりパンフレットが無料で請求できます。建築士学校のパンフレットが一括してお取り寄せできるように請求ページをまとめました。各ページTOPの「資料請求」からお申込み下さい。

通信教育・独学におすすめの学校

通学におすすめの学校

※パンフレットに期間限定割引情報などが掲載されていることがありますので、最新のパンフレットを入手しましょう。
(追記)パンフレットを請求した時に割引クーポン等が入っていたとの情報を多数いただきました。また、キャンペーン期間中は上記からスタディングのホームページに行き「料金・お申込み」をクリックすると、クーポンが表示されます。(期間限定)
 

通学の学校の開講場所

社会人や学生におすすめの通学の学校の校舎一覧です。

「資格の学校TAC」の教室講座

北海道札幌市「札幌校」、宮城県仙台市「仙台校」、東京都「水道橋校・新宿校・早稲田校・池袋校・渋谷校・八重洲校・立川校・中央駅前校・町田校」、神奈川県横浜市「横浜校・日吉校」、埼玉県大宮市「大宮校」、千葉県習志野市「津田沼校」、栃木県宇都宮市「宇都宮校(提携校)」、群馬県前橋市「群馬校(提携校)」、愛知県名古屋市「名古屋校」、長野県松本市「松本高(提携校)」、富山県富山市「富山校(提携校)」、石川県金沢市「金沢校(提携校)」、京都府京都市「京都校」、大阪府大阪市「梅田校・なんば校」、兵庫県神戸市「神戸校」、広島県広島市・福山市「広島校・福山校(提携校)」、岡山県岡山市「岡山校(提携校)」、香川県高松市「高松校(提携校)」、徳島県徳島市「徳島校(提携校)」、福岡県福岡市・北九州市「福岡校・小倉校(提携校)」、大分県大分市「大分校(提携校)」、熊本県熊本市「熊本校(提携校)」、宮崎県宮崎市「宮崎校(提携校)」、鹿児島県鹿児島市「鹿児島校(提携校)」、沖縄県那覇市「沖縄校(提携校)」

-建築士
-

Copyright© 資格試験の比較情報-おすすめの学校・通信の人気ランキング , 2019 All Rights Reserved.