税理士

税理士

税理士の学校・予備校(専門学校)のおすすめランキング

当サイトの税理士試験対策の学校(受験予備校・専門学校)のおすすめランキング!

税理士の学校は、①通信教育・独学向きの学校 ②通学講座の学校とに大きく分かれます。それぞれ、税理士試験対策の学校(受験予備校・専門学校)の当サイトおすすめランキングを発表します。

通信教育・独学向きの学校ランキング

  1. クレアール<税理士>
  2. スタディング<税理士>

ココがおすすめ

クレアール、スタディングの税理士講座は通信・WEB講座に特化することで、講座費用が低価格の設定となっております。そのため、仕事で忙しい社会人など独学で勉強する人にもおすすめです。

通学・通信の学校ランキング

  1. 資格の学校TAC<税理士>
  2. 資格の大原<税理士>
  3. 資格スクール大栄<税理士>
  4. LEC<税理士>

ココがおすすめ


社会人にもおすすめの税理士試験向け朝クラス、昼クラス、夜間クラスの通学講座も開設されています。(学校・校舎によります。)

専門学校のランキング

  1. 大原簿記学校<専門学校>

ココがおすすめ


高校卒業後の進路として、日商簿記検定1級、税理士試験合格まで目指す方にもおすすめの専門学校です。

受講費用

①通信教育・独学向きの学校と②通学講座の学校のそれぞれの受講費用と、受講費用が安くなる裏技をご紹介します。ただし、価格の改定、キャンペーンやセット申込み等により変わる場合がありますので、詳細はパンフレットを入手してご確認ください。

通信教育・独学向きの学校

通学・通信の学校

裏技-受講費用が安くなる方法

資格の学校TACや大原など大手の受験予備校の受講料の定価は比較的近い設定になっています。(キャンペーンやセット申込み等により変わる場合がありますので、詳細はパンフレットを入手してご確認ください。)

受講費用が安くなる方法を、下記の別ページで解説しています。

>> 受講費用が安くなる方法の詳細

  1. 1.ハローワークからキャッシュバック?
  2. 2.クーポン請求ができる学校は?
  3. 3.株主優待券(割引券)が簡単入手?

税理士の学校の比較

税理士試験の勉強をするにあたって、学校によりコースに特色が見られます。朝・昼だけでなく社会人向けのコースでは夜間にも授業が行われています。また、教室講座や通信教育などのコースが用意されていますので、自分の生活スタイルにあったコースを比較選択しましょう。

後述の学校紹介ページにてコースの概略を参考に記載していますが、その他にも様々なコースが開講されています。また、同じ学校でも科目により選択できるコースが異なったり変更になることがありますので、最新の情報は各学校・専門学校のパンフレットが資料請求により無料で手に入りますので、ご確認をお願いします。

※ 割引クーポンや入学金免除などのキャンペーン資料は最新のパンフレットに入っています。

パンフレットの請求先一覧(無料)

下記の学校よりパンフレットが無料で請求できます。税理士学校のパンフレットが一括してお取り寄せできるように請求ページをまとめました。各ページTOPの「資料請求」からお申込み下さい。

通信教育・独学におすすめの学校

通学におすすめの学校

※パンフレットに期間限定割引情報などが掲載されていることがありますので、最新のパンフレットを入手しましょう。
(追記)パンフレットを請求した時に割引クーポン等が入っていたとの情報を多数いただきました。また、キャンペーン期間中は上記からスタディング、フォーサイトのホームページに行き「料金・お申込み」をクリックすると、クーポンが表示されます。(期間限定)

税理士の学校の公式ホームページ

通信教育専門の学校

税理士<通信教育・独学>

ランキング1位 クレアール

クレアールの公式ホームページ クレアールは、非常識合格法という独自のカリキュラムにより「短期間」「最小の労力」「最小の費用」での理想の合格を目標とした講座構成となっています。

主として通信講座に特化することで、50年の歴史ある学校であるにもかかわらず費用を抑えた講座となっています。

税理士<通信教育・独学>

ランキング2位 スタディング

スタディングの公式ホームページ スタディングは、「忙しい方こそ、もっと活躍して頂きたい」という思いから開発されました。(従来「通勤講座」で親しまれていましたが、2018年「スタディング」に名称変更されました。)

スタディングが目指しているのは、世界一「学びやすく、わかりやすく、続けやすい」学習手段になり、受験生の持っている可能性を最大限に引き出すこととされています。

通学・通信の学校

税理士<通学・通信>

ランキング1位 資格の学校TAC

資格の学校TACの公式ホームページ 資格取得を目標とする専門予備校です。各種国家試験合格を目指しており、講座としては公認会計士・税理士・日商税理士検定等の会計科目のほか、早稲田セミナーの引継ぎにより法律系科目も含め、幅広く開講されています。

2009年9月1日に、「早稲田セミナー(Wセミナー)」を事業譲受により引き継ぎ、各都市の中心部に拠点校を置いており校舎数も資格の学校としては最大規模となっています。

税理士<通学・通信>

ランキング2位 資格の大原

資格の大原の公式ホームページ 資格の大原は、専門学校のほか、社会人や大学生などを対象にした、資格取得を目的とする講座が多数開講されており、資格取得のためのカリキュラムとして無理なく実力が身につくことで合格を目指す内容となっています。

知識ゼロの初学者コースから受験経験者向けの経験者コースなど幅広く講座が全国各地において開校されています。各検定試験日の数か月前~数週間前から本試験を意識した「答練」が行なわれる直前講座が設けられています。

税理士<通学・通信>

ランキング3位 資格スクール大栄

資格スクール大栄の公式ホームページ 資格スクール大栄は、教育を科学し、「挫折させない」「続けられる」にこだわった受講管理となっています。

資格スクール大栄は、「単に良い講座を提供する」だけでなく、「続けること、続けられること」を講師及びカリキュラム・教材と同様に重要視されています。
単に「ちゃんと通いましょう」という掛け声だけでなく、「科学的論拠に基づいて」受講管理を実践し、「続ける」をナビゲートするよう工夫されています。

税理士<通学・通信>

ランキング4位 LEC

LEC東京リーガルマインドの公式ホームページ LEC(東京リーガルマインド)は、法律系を中心に、会計、医療系と様々な通学講座が開講されている受験予備校です。「再受講割引」「LEC他資格受講割引」等、オンラインショップで利用できる、各種割引eクーポンが発行されています。

「累計学習時間」と「他の受講生との比較」の可視化でモチベーションアップを図る機能が追加されました。受講の継続を強力にサポートし、最終ゴール地点の合格へと導きます。

税理士試験科目の比較

税理士試験として次の全11科目が実施されています。各科目をクリックすると比較詳細ページに移動します。

簿記論 ②財務諸表論 ③法人税法 ④所得税法 ⑤相続税法 ⑥消費税法 ⑦酒税法 ⑧固定資産税 ⑨事業税 ⑩住民税 ⑪国税徴収法

合計5科目に合格すると、税理士試験の合格となります。

一度に5科目に合格する必要はなく、1科目ずつ受験することができますが、いずれも合格は10%前後の難関試験です。そのために、学校(受験予備校)の選択が非常に重要となってきます。

おすすめの税理士試験科目

簿記論財務諸表論は必須ですので早めに受験しましょう。関連性が非常に高いため、多くの受験生は同時に勉強しています。そのため、各学校とも簿記論財務諸表論のパック価格が準備されています。

法人税法所得税法は分量が多いので、時間のない方、社会人の方はいずれか一つにすることをおすすめします。

消費税法の知識は実務上必ず必要になりますので選択をおすすめします。(就職活動の上でも消費税を選択している方が有利になると思われます。)
また、消費税法酒税法はどちらかしか選べません。

残りは、実務を重視するなら相続税法になりますが、分量が所得税法、法人税法の次に多くなります。ボリュームの少ない科目がいい場合はそれ以外の科目がよいでしょう。

資産税の強い税理士事務所への就職を希望している方、将来資産税に強い税理士を目指している方は相続税法を選択することも考えた方がよいと思われます。

税制改正、高齢化を考えると相続税法は今後重要性が増していくことは間違いありません。

ちなみに、法人税法に関連性があるのは事業税所得税法に関連性があるのは住民税です。複数科目で同時合格を考えている方はセットで受験すると効率がよいでしょう。
ただし、事業税住民税は最終科目に選択する人が多いため、ボリュームは少ないものの高レベルの受験生が受験する科目になっていると言われています。また、個人住民税は原則として前年課税主義を採っており、また、所得税法の規定によっているため、改正内容が所得税法の試験と1年ズレるため、同時学習の場合は注意が必要です。(例えば、令和元年の所得税における所得は令和2年度の住民税の所得となります。)
なお、住民税と事業税はどちらかしか選べません。

穴場の科目と言われているのが国税徴収法です。試験の受験者数もミニ税法の中では多い方で、また、大学院で税法2科目免除になった受験生や独学の受験生もいます。ボリュームが少なく短期間で合格レベルに達することも可能なため4月開講クラスがある程です。なお、ほぼ理論の試験(計算も多少出ることがあります。)のため、暗記が得意な方に向いていると言えるでしょう。(ただの丸暗記だけではなく、理解が求められる問題となっています。)

税理士とは

税理士は、税に関する唯一の専門家です。

  1. 租税に関する次の業務などを行う「人」又は「資格」をいう。
    1. 税務代理
    2. 税務書類の作成
    3. 税務相談
  2. 「税理士法」で定められた国家資格。
  3. 税と会計に関する専門的な知識を使い、納税者の適正な納税を助けるプロフェッショナル。

税理士試験の特徴

税理士試験の特徴は科目選択制度・科目合格制度があることです!

科目選択制度

科目を選んで受験できます!
税理士試験は学習時間が足りないと思っていませんか?

学習時間は200時間程度~1,000時間と幅があります。必須3科目以外は学習時間が少なめの科目から選択することができます。

科目合格制度

仕事しながらでも受験できるのが税理士試験です!
税理士試験は1科目ずつ受験できますので、仕事しながら合格することが可能です。
また、一度合格した科目は生涯有効です。

税理士試験の受験資格(主なもの)

税理士試験には受験資格が必要なので、学校の比較をする前に必ず確認しましょう。

  • 学習によるもの
    • 大学または短大を卒業した者
    • 大学3年次以上の学生
    • 一定の専門学校を卒業した者
  • 資格によるもの
    日商簿記1級合格者又は全経簿記上級合格者
  • 職歴によるもの
    以下のいずれかの業務で、業務従事期間3年以上

    • 弁理士・司法書士・行政書士・社会保険労務士・不動産鑑定士等の業務
    • 法人又は事業を営む個人の会計に関する事務
    • 税理士・弁護士・公認会計士等の業務の補助の事務
    • 税務官公署における事務又はその他の官公署における国税若しくは地方税に関する事務
  • 認定によるもの
    国税審議会により受験資格に関して個別認定を受けた者

税理士試験に必要なもの

税理士の学校に通うことが決まったら、又は通信教育を受けることが決まったら事前に自ら準備が必要なものがあります。

  • 電卓
    受験に必ず必要です。(そろばんでもOKですが…)
  • ボールペン
    税法においては特に約1時間書き続けることとなる理論問題。手が疲れにくいボールペンとの出会いが合否をわけます。国税徴収法の場合はほぼ理論となります。
  • マーカー
    答案用紙への記入には使えませんが、問題を解く際に問題用紙にマーカーを使用することはできます。また、授業中に必ずと言っていいほど講師の先生が使用します。2~3色は用意しておいたほうがよいでしょう。

税理士試験では、12桁の電卓が必ず必要となりますので、受験用の電卓を手に入れなければなりません。税理士の学校でも手に入れることができますが、同様の電卓を安く手に入れることができます。また、おすすめのボールペンやマーカーの情報も更新していきたいと考えています。

詳しくはこちら → 税理士試験におすすめのグッズ

税理士事務所・経理・財務の仕事がしたい方

公認会計士・経理・税理士の転職

ジャストネットキャリア

ジャスネットキャリア
経理財務派遣求人

ジャストネットスタッフ

ジャストネットスタッフ

その他税理士試験に関する情報

税理士学校の受講費用

講座費用の金額で圧倒的に差をつけているのはクレアールとスタディング。かなり安い費用での受講が可能です。通信教育専門の講座とすることで価格をかなり抑えライバル校の約半額の価格設定となっております。さらに、税理士試験科目合格者割引や日商簿記1級合格者割引、スクール変更応援割引など各種割引制度と合わせると1/3~1/4の受講料になることもあります。

各学校とも簿記論・財務諸表論など複数科目をセットで受講する場合に割引価格になる場合があります。
さらに、後述のとおり優待券や教育訓練給付金を使えば10~30%安くすることもできる場合がありますので、最新情報をパンフレット等でご確認をお願いします。

定番・老舗の税理士受験予備校

税法の通学コースでは「資格の学校TAC」「資格の大原」「大原簿記専門学校」で税理士試験合格者(税法科目)の大部分を占めている状況です。

つまり、TACや大原など大手の予備校で学習した問題が税法科目の試験に出題された場合は確実に解答しないと合格は難しいと言えるでしょう。そのため、他校で受講していても直前期(5月~7月)だけTAC、大原、クレアール等のテキストや答練(模試)を取り寄せるという人も結構いるようです。

逆に、大手の学校で学習しない問題が税法科目の試験に出た場合は、もちろん有利とはなるものの税理士試験受験生の大部分が解けない問題ともいえるため、合否に与える影響が少ないこととなります。

合格体験記

 消費税法合格体験記

平成27年度第65回消費税法合格体験記をご連絡いただきました。
TACの全国共通模試、大原の全国統一模試が見事的中!
→ 税理士試験「消費税法」合格体験記

 相続税法合格体験記

平成28年度第66回相続税法合格体験記をご連絡いただきました。
平成27年9月から大原の講義を受講されていた方が、当サイトを見てTACの直前対策講座をW受講し、仕事をしながら消費税法と相続税法を2年連続で合格を勝ち取り、税理士5科目を達成したという30代女性からの合格体験記です。
→ 税理士試験「相続税法」合格体験記(5科目達成)

各学校の税理士講座の最新NEWS

2020年合格目標の人気コース!

各学校で2020年受験向けの直前対策コースのパンフレットが各校で入手できるようになりました。
資格の学校TAC、資格の大原、クレアールでは、簿記の知識がない人や少ない人でも税理士講座スタートがスムーズになる「税理士スタート(準備)講座」が開設されます。
その際早期割引や無料受講になる方法がありますので、最新のパンフレットでご確認ください。

2020年合格目標コース「クレアール」

通信教育専門のため、いつでも入学ができます。簿財アドバンス講座では、簿記3級2級の学習を含むため、初学者におすすめです。
また、経験者の方には日商簿記1級合格者割引35%、税理士試験科目合格者割引40%、スクール変更応援割引25%、再チャレンジ割引30~50%、他資格受験者割引20%など各種割引制度が充実しています。

2020年合格目標コース「スタディング」

簿財2科目合格コースに加え、税法科目として、「法人税法」「相続税法」「国税徴収法」が開講されています。各コースとも月々払いの分割支払いが可能なところも人気の秘密です。

2020年合格目標コース「資格の大原」

①映像通信教育講座・映像通学講座
通信教育で大原イチオシの人気教室の講義をそのまま受講できます。
②教室通学講座・映像通学講座
Web講義(大原イチオシの人気教室の講義)が標準装備で、欠席しても自宅で学習できるので授業に遅れない。(数年前までは数万円のオプションが無料となりました。)
③複数科目セット割引
2科目以上の申込みで受講料が10%OFF、しかも、組み合わせが自由に。
④継続割引制度
前年の税理士試験講座の受講生は受講料が5%OFF、1科目でもOK!!(条件あり)
※ ③と④で最大15%OFF

2020年合格目標コース「資格の学校TAC」

TACも大原の上記①③④に近い制度がありますが、②も大原と同様無料でWeb講義が標準装備!(数年前までは数万円のオプションが無料。)
また、TACは各科目に先行クラス(通常のクラスより早めに講義が行われるクラス)があるため、授業を欠席した場合でもすぐWeb講義でフォローができます。
2020年合格コースより「新カリキュラム」へ刷新され、大きくコースが変更されています。

税理士学校のコースの特徴

税理士試験の勉強をするにあたって、学校によりコースに特徴が見られます。朝・昼だけでなく社会人向けのコースでは夜間にも授業が行われています。
また、教室講座や通信教育などのコースが用意されていますので、自分の生活スタイルにあったベストスクールを選択しましょう。

当サイトにコースの概略を記載していますが、その他にも入門コースや先取りコースなど学校により様々なコースが随時開講されています。また、同じ学校でも科目により選択できるコースが異なります。詳しくは各学校・専門学校のパンフレットが資料請求により無料で手に入りますので、ご確認をお願いします。

税理士の役割

税理士は暮らしのパートナーとして、申告納税制度の担い手として、社会公共的使命をもって活動し、税理士としての仕事をしています。

税理士の仕事

税理士の仕事として次のもの等があります。

税務代理

納税者の代理として、確定申告、青色申告の承認申請、税務調査の立会い、税務署の更正・決定に不服がある場合の申立てなどを行います。

会計業務

税理士業務に付随して財務書類の作成、会計帳簿の記帳代行(会計ソフトによる記帳代行)、その他財務に関する業務を行います。

補佐人として

税務訴訟において納税者の正当な権利、利益の救済を援助するため、補佐人として、訴訟代理人である弁護士とともに裁判所に出頭し、陳述(出廷陳述)します。

会計参与として

中小の株式会社の計算関係書類の記載の正確さに対する信頼を高めるため、「会計参与」は、株式会社の役員として、取締役と共同して、計算関係書類を作成します。
税理士は会計参与の有資格者として会社法に明記されています。

国際税務

日本企業の海外進出や外国企業の日本法人設立が増え、ビジネスの国際化はますます進行しています。各国の税制を把握し、国際税務を行える人材が求められています。語学に強く、海外文化に精通している人には他の税理士との差別化が図れ、活躍できるフィールドとなります。

税務書類の作成

納税者に代わって、確定申告書、相続税申告書、青色申告承認申請書、その他税務署などに提出する書類を作成します。

税務相談

納税者が税金のことで困ったとき、わからないとき、知りたいとき、相談に応じます。事前の相談が有効です。

e-Taxの代理送信

納税者の依頼でe-Taxを利用して申告書を代理送信することができます。
この場合に、納税者自身の電子証明書は不要です。

税理士の働き方

税理士の資格取得後は、そのまま税理士事務所又は税理士法人に勤務するもよいのですが、自分で事務所を開業して経営者となることも可能です。

個人事務所で独立

仕事も収入もすべて自分次第!独立開業で自由を得ることも大きな魅力です。

税理士法人

大手の税理士法人のほか、中小の税理士法人も近年増加傾向にあります。その中で、社員税理士として、所属税理士として働くことが可能です。

一般企業

高い専門的知識を生かしてキャリアアップを目指すことが可能です。一般企業の税務・財務のスペシャリストとして活躍の場が広がります。

税理士の収入

開業税理士の半数以上は年収1,000万円以上となっています。平均は2,500万円~2,700万円といわれています。本人の経験、実力次第で高収入を得ることも可能になり、税理士資格の魅力の一つと言えます。
また、税理士には定年(開業の場合)がありませんので、年齢を気にせず仕事ができることも特徴です。

独学による税理士試験の勉強方法

税理士試験は独学による勉強法では極めて難しいと言われています。
会計基準の変更や税制改正(毎年)もあり、他の資格のように過去問を押さえておけばよいというレベルではありません。
また、一部科目では市販の教材もありますが、毎年4月頃に施行された税制改正分は反映されていません。
さらに、税理士試験は数年に一度試験委員が変更となりますが、学校では試験委員の興味がある部分を補足して勉強するなどその年その年の傾向に合わせた対策がなされますが、独学では難しいと言えるでしょう。

独学の勉強方法で合格する方法

上記の通り、税理士試験は独学の勉強方法では苦戦を強いられそうですが、それでも合格する方法があります。
独学で勉強したい人におすすめなのは、大手専門学校をうまく利用することです。
独学による税理士試験の勉強を考えている人の大部分は通学時間と受講費用に問題があると思われます。
それらを解決できるのが、通信教育講座に特化した学校(「クレアール」「スタディング」「ネットスクール」など)を利用することです。最新の試験範囲が網羅できているばかりでなく、試験勉強における重要度による強弱や勉強のペース配分などがわかります。しかも、教室や講師をたくさん抱えていない分受講費用が、かなり抑えられています。

独学におすすめのテキスト

税理士試験は市販のテキストでは対応が難しいですが、中には販売されているものもあります。新試験範囲に未対応のものが平然と売られていたりしますので、注意が必要です。(特に税制改正対応の分は通常販売されていません。)
やはり、大手専門学校の最新のテキスト類を入手することがおすすめです。

独学のおすすめの答練

市販のテキストで独学で勉強している人は問題演習量が通学生に比べて低い傾向にあります。また、模擬試験などの答練を受けていないため、合格ラインにあるかどうかの判断もできません。税理士試験は合格は60点と形式上なっていますが、実際は上位10%が合格となるように点数が調整されています。
ただし、大手の学校は試験直前期の模擬試験などの答練のみを受講する方法もありますので、ぜひ検討してみましょう。周りに知らない人がいる中で本試験スタイルで受講することは試験中の緊張感を事前に体感することにもなるためおすすめです。

税理士の学校の評判・口コミ

税理士の学校に通った方の評判・口コミを一部を抜粋してご紹介します。

  • 税理士試験の本試験までにしっかり実力がつく効率的カリキュラム!
    税理士試験直前期までに演習を5回転させました。とても効率的なカリキュラムの消化ができてよかったです。自らのペースで受験期間も受験科目も選択できる試験なので、ぜひ最後までやり抜いてください!
  • 出席フォローが役に立った!
    会社員をしながらの勉強だったので、平日に中々学校に通えませんでしたが、土日に振替で教室受講できたのは、働きながらの自分にとっては非常にプラスでした!
  • 家庭と両立しました!
    結婚し、家事と両立しながら勉強しました。スケジュールを細かく決めるなど工夫すうることができたのは通信講座だからです。一時停止し繰り返し聞いたり、質問電話も利用しました。
  • スクーリング制度で教室へ!
    普段はWeb通信講座で受講していましたが、答練は「スクーリング制度」を利用し、本番の試験と似た雰囲気で勉強しました。これで、通信講座の弱点をフォローできました。
  • 音声フォローも使用!
    音声ダウンロードフォローは再度講義を聞きなおしたり、内容を再確認したりできる点がよかったです。
  • 大学の勉強との両立!
    大学と税理士試験の勉強を両立させました。大学の試験の時は大学の勉強を優先し、税理士の受験予備校の模試の時は模試対策を優先し、大学の授業を減らして・・・など自分なりに工夫しました。絶対税理士試験に受けるという決意が大事です。税理士試験は1科目ずつ着実に取得していくことができる試験なので、皆さんも頑張ってください!

税理士の学校の比較

下記の学校よりパンフレットが無料で請求できます。税理士学校のパンフレットが一括してお取り寄せできるように請求ページをまとめました。各ページTOPの「資料請求」からお申込み下さい。

通信教育・独学におすすめの学校

通学におすすめの学校

※パンフレットに期間限定割引情報などが掲載されていることがありますので、最新のパンフレットを入手しましょう。
(追記)パンフレットを請求した時に割引クーポン等が入っていたとの情報を多数いただきました。また、キャンペーン期間中は上記からスタディング、フォーサイトのホームページに行き「料金・お申込み」をクリックすると、クーポンが表示されます。(期間限定)

-税理士
-

Copyright© 資格試験の比較情報-おすすめの学校・通信の人気ランキング , 2019 All Rights Reserved.