【最新】資格試験情報

【2020年版】スマホ・タブレット・パソコンでオンライン受講、教室受講が選べる学校のおすすめランキング!

学校の受講料が安くなる裏ワザ check

司法書士

裁判事務

裁判事務

認定司法書士は簡易裁判所(訴訟額140万円以下)の法廷において、訴訟代理を行うことができますが、その他の裁判においても訴訟や答弁書、告訴状や告発状等、裁判所や検察庁に提出する書類を作成することも司法書士の業務の範囲です。

本人訴訟のバックアップ

複雑な事件は別として、単純に貸したお金が返ってこないような事件であれば、訴訟代理人をつけなくても本人自身が訴訟することは十分可能です。
このように司法書士は書類の作成を通して、本人訴訟をバックアップします。

おすすめ記事

学校の受講費用が安くなる方法へリンク 1

資格の学校TACや資格の大原など大手の資格の学校の受講費用は比較的近い設定になっています。しかし、受講費用を安くする方法がいくつかありますので、ご紹介いたします! ※ キャンペーンやセット申込み等によ ...

資格試験一覧へリンク 2

資格試験の比較情報 資格試験を受験するに当たって、通学の場合も通信教育の場合も学校(受験予備校)の選定がスタートとなります。 学校を選ぶことは、テキスト・先生とも合格するまで付き合うこととなりますので ...

学校一覧へリンク 3

資格の学校一覧 資格試験のための受験予備校としておすすめの学校の一覧は次のとおりです。 各学校で開講している資格の詳細は学校名をクリックするとご覧になれます。 通信教育・独学向きの学校一覧 クレアール ...

-司法書士
-,

© 2020 資格試験の比較|おすすめの学校・通信の人気ランキング