税理士

酒税法

酒税法の特徴

酒税は、酒税に対して課される国税です。学習ボリュームは全11科目で一番少ないと言われます。短期合格を目指される方におすすめです。
ただし、消費税法と酒税法はいずれかしか選べません。

酒税法の攻略法

試験は、理論と計算にわかれて出題されます。

以前から理論30点、計算70点の配分となっており、計算が重視されています。

酒税法の理論

理論は、酒税法の規定とその趣旨などが出題されます。
お酒の原料や製造方法からどの酒類に分類されるのかを文章で解答することが要求されます。

個別理論を中心に学習し、暗記がすすんだところで応用理論対策を行う勉強方法が一般的です。

酒税法の計算

計算は、原料などから算出する税額の計算などが出題されます。
計算のポイントは、17品目のうちのどの品目に該当するかを判定する「酒類の判定問題」でミスをしないこととなります。
そのために、様々な問題に対応できる能力を獲得するために演習・答練を繰り返し行い、本試験対応力を身につけましょう。

直前期の攻略法

  1. TACの直前対策講座
  2. 資格の大原の直前対策講座

-税理士
-,

Copyright© 資格試験の比較情報-おすすめの学校・通信の人気ランキング , 2019 All Rights Reserved.