社会保険労務士

雇用保険法

雇用保険法

雇用保険法は社会保険労務士試験の科目の一つで、失業期間中の生活保障の給付を基本として、あわせて失業することを防止する施策等を定めた法律です。

労働者が失業した場合などに、必要な給付を行うことによって労働者の生活と雇用の安定を図るとともに就職を促進し、さらに、失業の予防等労働者の福祉の増進を図ることを目的としています。

比較的新しい制度として、高齢による賃金低下を給付によりカバーしたり、育児・介護休業中の賃金補助を行ったりする制度や、職業に関する能力の向上のために教育訓練を受講したときに受講料の補助をする制度があります。

雇用保険の管掌

雇用保険の管掌は政府です。
ただし、実際の事務を行っているのは都道府県労働局長、又は、指揮・監督下にあるハローワーク(公共職業安定所長)です。
また、能力開発事業など一部の事業については都道府県知事が行うことができます。

雇用保険法の攻略方法

過去には、基本手当に関する出題が中心となっています。
雇用継続給付からの出題も多くみられます。

雇用保険法の出題

  • 選択式
    1問出題されます。
  • 択一式
    7問出題されます。

-社会保険労務士
-,

Copyright© 資格試験の比較情報-おすすめの学校・通信の人気ランキング , 2019 All Rights Reserved.