AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)は今がチャンス!

 AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)は2017年12月に第1回試験が行われたばかりの新しい資格試験です。
 そのため、多くの受験生は受験ノウハウを持ち合わせていません。また、大手の資格試験の受験予備校等もまだ開講を見合わせている段階です。
 したがって、勉強方法次第では、いち早く資格を獲得できるチャンスです!

AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)の勉強方法

 現在、AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)ははじまったばかりということもあり、大手の学校等での試験対策講座は開講されていません。
 また、AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)関連書籍も当然ほとんど出回っていないため、独学での勉強方法は難しいように感じます。

 では、どのように勉強をしたらよいのか?について検討したいと思います。

AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)のおすすめの勉強方法

 上記の通り、大手の受験予備校はまだ開講に踏み切っていません。
 したがって、自宅で勉強する方法が最も勉強方法になります。

 その中で、いち早く受験予定者への情報提供に踏み切ったのが「資格のスクエア」です。経済産業省の「未来の教室」にも掲載された注目の受験校です。

※経済産業省「未来の教室 Learning Innovation」は、経済産業省が学校・学習塾・個人学習で使える国内・世界のEdTechの最新動向等を広く情報発信することが目的のサイトです。

AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)の独学・学校のおすすめランキング

 AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)試験を独学や学校で勉強したい人向けの当サイトランキング!

人気のおすすめ学校ランキング通信教育講座

 資格スクエアのAI検定/G検定(ジェネラリスト検定)講座は通信・WEB講座専門ため教室運営費・人件費を徹底カットし、AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)講座の費用が低価格の設定となっております。(2018年9月現在)そのため、独学で勉強する人にもおすすめです。

AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)受験学校の比較ランキング

 通信教育に力を入れている資格スクエア<AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)>対策講座は、日本ディープラーニング協会が実施している、非エンジニアであるビジネスマン(ジェネラリスト)向けの検定試験のための講座です。

 資格スクエア<AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)>対策講座では、日本ディープラーニング協会の有識者会員である浅川伸一氏が講師として、また、リアルワールドグループのノーザンライツ株式会社の佐藤柚花氏がアシスタントとして試験合格に向けて対策を行っています。

ここがおすすめポイント

 各章の初めや合間に、浅川講師、佐藤氏が一緒にディープラーニングの概要を説明する導入講義がおすすめポイントです。

講座利用のメリット比較

①勉強内容が難しい

 日本ディープランニング協会の有識者会員である浅川氏が講師を行います。
 各章の合間や初めに、ディープラーニングの概要を説明する導入講義で難しいと感じる勉強のスタートをスムーズに導きます。

②時間がない

 講義動画にあわせて専用レジュメの活用が可能です。ご自身のスキマ時間を利用して、効率よく学習を進めることができます。

③お金がない

 独自開発された学習システムであるため、業界トップクラスの低価格に抑えられています。

講師の経歴

  • 講師 浅川伸一
     東京女子大学情報処理センター。博士(文学)早稲田大学。専攻は計算論的神経科学、並列計算、神経心理学など。
     一般社団法人日本ディープラーニング協会の有識者会員。
  • 主な著書
    • 「Pythonで体験する深層学習」コロナ社(2015)
    • 「ディープラーニング,ビッグデータ,機械学習 –あるいはその心理学」新曜社(2015)
    • 「人工知能学大事典/人工知能学会編」共立出版(2017)
    • 「リカレントニューラルネットワーク、リカレントニューラルネットワークによる文法学習」項執筆
    • 「AI白書2017 人工知能がもたらす技術の革新と社会の変貌」独立行政法人情報処理推進機構(2017)分担執筆

AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)とは

 AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)とは、非エンジニアであるビジネスパーソン(ジェネラリスト)向けに、ディープラーニング(エンジニア)の基礎知識を有し、適切な活用方針を決定して事業応用する能力を持つ人材かどうかを測る検定です。

 AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)を取得することにより、AI技術を用いたプロジェクトを推進したり、AI技術を活用したソフトウェア、スマホアプリを開発できるようになります。
 AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)資格試験を通じて業界理解を深めることができます。

ジェネラリスト

 「ディープラーニングの基礎知識を有し、適切な活用方針を決定して事業応用する能力を持つ人材」と定義し、2020年までに10万人規模で輩出することを目指し、知識面から育成を支援する活動が行われています [#i5b46ea5]

エンジニア

 「ディープラーニングの理論を理解し、適切な手法を選択して実装する能力を持つ人材」と定義し、2020年までに約3万人の輩出を目指されています。 [#x5ec0a3f]

AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)の概要

  • 名称
     JDLA Deep Learning for GENERAL 2018 #1
  • 概要
     ディープラーニングを事業に活かすための知識を有しているかを検定する
  • 受験資格
     制限なし
  • 試験概要
     120分、知識問題(多肢選択式)、オンライン実施(自宅受験)
  • 受験料
     12,960円(税込) / 学生5,400円(税込)
  • 試験日
     2018年11月24日(土)13時開始
  • 申込方法
     申込期間中「日本ディープラーニング協会 資格試験専用Webサイト」より受付

過去試験情報

  • 合格者情報
     第1回の試験の受験申込者数は計1,500名、受験者数は1,448名でした。そのうち、合格者は823名で、受験者数に対する合格率は56.8%でした。
  • 申込者情報
     申込者1,500名の年齢層は幅広く、10代から70代に渡ります。30代と40代が最も多く、全体の62%を占めました。
     また、業種はIT・SE・開発・運用系が最も多く、全体の57%を占めました。
     その他、化学・素材・バイオ系からクリエイティブ系、企画・マーケティング系まで、幅広い業種の方がG検定合格を目指しています。

『日本ディープラーニング協会』概要

  • 設立日
    2017年6月1日
  • 所在地
    〒105-0001 東京都港区虎ノ門4−1−20 田中山ビル10F
  • 理事長
    松尾 豊:東京大学大学院工学系研究科 特任准教授

パンフレット請求はこちらから

 資格スクエアのAI検定/G検定(ジェネラリスト検定)講座のパンフレットはこちらから入手できます。