資格試験の比較情報

 資格試験を受験するに当たって、通学の場合も通信教育の場合も学校(受験予備校)の選定がスタートとなります。
 学校を選ぶことは、テキスト・先生とも合格するまで付き合うこととなりますので、慎重に比較・検討することが大切です。

そのために、学校の比較をして自分に合った学校を選びましょう。

[check] 資格に迷った時におすすめ
 資格に迷ったら
 → ケイコとマナブ.net

学校の比較

資格試験のための受験予備校としておすすめの学校は次の学校です。

  • 資格の大原(大原簿記専門学校)
  • 資格の学校TAC
  • 資格の総合スクール-LEC東京リーガルマインド

学校選びのポイント

 資格試験の合格に向けて学ぶ学校は、いくつもあります。
 通学や通信教育など種類も様々なので、自分にとって最も適した学校を選ぶと良いでしょう。
 しかし、資格試験の学校はいくつもあるので、選ぶだけでも大変です。
 資料を取り寄せたりネットで調べたりしながら比較していると、どれも同じように感じてしまうかもしれません。

資格試験に早く合格するために学校選びがポイントとなってきます。

  • 高い指導力・講師の質
    常に最高の指導が受けられる力のある学校か。講師の質は高いか。
  • 試験傾向に沿った最新の教材
    合格のノウハウが詰まった良い教材が使われているか。
  • サポート体制
    入学から合格までサポートがしっかりしているか。
  • 自分のレベルの把握
    受験生の中での自分の実力が把握できるか。(受講者数が多い学校か。)

高い指導力・講師の質

 授業内容も重要なポイントですが、講師も同じぐらい大切です。
どれだけ高度な知識を教えてくれても、講師がわかりやすく指導しないと理解できません。
 授業内容を消化しきれずに、せっかく習った知識が身につかなくなります。
 良い講師なら、難しい内容も丁寧に指導するので、授業を聞いてればすぐに理解できます。講師の質で知識が身につくか決まると言っても過言ではないので、重要なポイントです。
 教室講座がある学校で無料の体験がある場合は、それに出席して確かめることができます。

試験傾向に沿った最新の教材

 卒業生や在校生からの評判で一番注意しておきたいポイントは、授業についてです。
 テキストや問題集が最新でなく、授業内容が低レベルすぎると、試験に合格するのは難しくなります。
 授業で使用する教材、通信教育なら授業の形式(DVD、スマホ、タブレット等)など、様々なポイントを比較しながら、確実に知識が身につくか判断しましょう。

サポート体制

 さらに生徒へのサポート体制も、選ぶときには考えておかなければいけません。
 サポート体制が万全でないと、わからないところを質問することができません。
 これでは疑問点を解決できませんし、自分で解決しようとして、間違った知識を身につけてしまうこともあります。
 特に、基本的に講師と顔を合わせることがない通信教育だと、いつでも質問できる体制は重要です。
 サポート体制も万全なら、授業で疑問に思っても、すぐに解決することができるでしょう。

自分のレベルの把握


資格試験の種類

人気の資格試験
[check]日商簿記検定(3級・2級・1級)  [check]税理士  [check]公認会計士  [check]司法書士  [check]行政書士  [check]弁護士  [check]弁理士  [check]宅地建物取引主任者  [check]建築士  [check]土地調査家屋士  [check]不動産鑑定士  [check]社会保険労務士  [check]中小企業診断士

社会人向け資格

資格の中には、働きながらでも比較的受かりやすい資格や学業に専念しないと難しい資格があります。
仕事に忙しい社会人が自らの努力だけで資格試験の合格を得るには高いハードルがあります。学習時間の確保だけでなく、受験仲間の存在も大きいと言えるでしょう。
そのために、最適な学校を探して効率よく勉強することが合格への第一歩となります。

資格試験合格のために自分にあった学校を探して、最小の学習時間で最大の学習効果を得ることで短期合格を目指しましょう!

資格試験合格のポイント

  1. 正答率の高い問題を落とさない!
    どの資格試験についてもいえることですが、試験に合格するためには、正答率の低い問題を解けるようになるのではなく、他の受験生が落とさない問題を確実に解答できる力をつけることが肝心です。
    そのためには、まず基本的な理解を徹底的に深めることが必要です。
    最終的には本試験レベルの問題が解ける解法と知識を学び、制限時間内に正解を導き出す技術を学校で学ぶことが、合否の可能性を飛躍的に高めることになります。
  2. 苦手分野を作らない!
    どの資格試験も試験によって難易度が変わることがあります。苦手分野を作ってしまうと、試験の合格が遠のいてしまいます。どの分野もしっかりと試験対策を行うことが資格試験を短期間で合格するためには非常に重要です。