差別化が図りやすい中小企業診断士

 中小企業診断士は他資格と異なり、合格者の構成にばらつきがあります。

 特徴として、学生が少なく、また、女性が少ないという特徴があります。

学生に有利

 中小企業診断士の学生合格者は非常に少ないため、学生の間に合格しておくことは、就職に非常に有利であることは間違いありません。

 特に大企業には大きなアピールとなり、メーカー、金融機関、公的機関とのつながりが大きい企業には非常に有利となるでしょう。

女性に有利

 中小企業診断士の合格者に女性が少ない特徴があります。全体の1割にも満たないといわれています。

 したがって、女性が生涯輝ける資格として希少価値があります。
 業種によっては、女性ならではの細やかな視点が必要なこともあり、中小企業診断士の資格を有していることは他の女性と大きな差別化を図ることができます。

 女性が社会進出する昨今において、その中での資格取得はさらに魅力的といえます。

 仕事とプライベートを両立しながら最適なライフプランを築くことができる中小企業診断士を目指してみませんか?